(画像左から)安田啓人、永田崇人、川原一馬、金井成大

映像や舞台で活躍中の若手俳優が多く所属する、キューブの若手俳優のサポーターズクラブ「C.I.A.(Cube Infinity Artists)」が、今年も年末に1年間の感謝を込めたライブ『SUPER LIVE 2019』を開催する。出演する川原一馬、金井成大、永田崇人、安田啓人の4人に意気込みやC.I.A.への思いを聞いた。

【チケット情報はこちら】

C.I.A.は2017年12月に発足し、昨年末に初めて『SUPER LIVE』を開催。“メンバー発信”をテーマに、歌やダンスを披露した。前回に引き続き、演出を務める川原は「ファンの皆さんに感謝の気持ちを込めて、僕たちのプライベートな部分、各々が輝いている部分にフィーチャーしたライブにしたい。今年しかできない時事ネタや幅広い年齢層に刺さる曲を選んで、みんなが楽しめるような工夫ができたら」と構想を語ってくれた。8月にリリースされたオリジナルソング『ドドドどんまい!』のパフォーマンスをはじめ、今回もC.I.A.の魅力が詰まったライブになりそうだ。

昨年のライブについて、金井は「自分たちでゼロから作る初めての経験だった。お客さんを楽しませることができたのはもちろん、メンバーとも結束できた感覚があって、すごくよかった」と振り返る。「素直に楽しかった」と語るのは永田。「ライブを通じて、メンバーのことをたくさん知って大好きになって、お客さんとも『今年も一年頑張ったよな』とシンクロした感覚があった」と明かした。また、昨年は体調不良で不参加だった安田は「迷惑をかけた分、今年は恩返しができるようにしたい」と意気込む。

1年を締めくくるライブ。抱負を尋ねると金井は「キャンディちゃん(※金井のファンの愛称)に向けた、世界を狙う、大きなプロジェクトが動いている。ライブに来てもらえれば分かると思うので、ぜひ応援してもらいたい」。安田は「今、応援してくださっているファンの方がこれからもずっと応援してくださるように頑張るのはもちろん、一人でも多くの人にC.I.A.のこと、個人個人のことを知ってもらえたら」と語った。

また、永田は「まずは個人としての知名度をあげたいし、C.I.A.のこともたくさんの人に知ってほしい。素敵な人がたくさんいるので、みんなで一緒に戦っていきたい」。川原は「俳優としての僕たちも、プライベートな僕たちも両方を見てもらって、ファンの方とより深いコミュニケーションがとれる場になったら。そのために一人一人が俳優という職業を背負って頑張っているので、ぜひ応援していただきたい」と話していた。

公演は12月27日(金)から29日(日)まで東京・品川インターシティホールにて。チケットは、チケットぴあにて現在、抽選先行プレリザーブのエントリーを受付中。

取材・文:五月女菜穂

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます