林遣都、ドラマ「火花」の海外ヒットに驚き レッドカーペット歩き「想像していなかった」

2016.6.27 19:22配信
海外でのヒットに驚く林遣都

 オンラインストリーミングサービス・NETFLIXの特別プレゼンテーションイベントが27日、東京都内で行われ、ウゾ・アドゥーバ、ルビー・ローズ、マイク・コルター、リッチ+トーン・タローガ、林遣都、波岡一喜、好井まさお、村田秀亮、EXILE USA、BENIほかが出席した。

 「Marvel ルーク・ケイジ」に主演したマイクは初来日で「とてもすてきな国で気に入っています。1週間に2回は食べるほどおすしが好きなのでレジェンドと呼ばれる寿司職人の所に行ってみたい」と喜び、「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」ファンのBENIが出演者のウゾ、ルビーへのプレゼントとして主題歌「You‘ve Got Time」を歌った。

 ピース又吉直樹による芥川賞受賞作をドラマ化した「火花」が全10話のオリジナルドラマとして3日から世界190カ国で同時配信され、全視聴者数の約半数が海外での視聴となっている。共演者らとレッドカーペットを歩いた林は「撮影が始まる前は想像していなかった。まさか海外で活躍している役者さんともこうして共演できるなんて」と驚きを語った。

 波岡は海外でのヒットに「実感がない」としながらも「昨日は僕ら4人で“火花ジャック”されている渋谷で写真を撮ってもらいました。撮ってくれた人が「『火花』全話見ました」と言ってくれて、実感を味わえた1日でした」と笑顔を見せた。

 また、とろサーモンの村田は「ルミネtheよしもとで漫才をやってここに来て、また戻って漫才をします。スケジュールはどうなっているんだ」と愚痴をこぼし、移動のためその後の写真撮影は欠席した。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング