酒井法子「マンモスうれピー」 復帰後初のイメージキャラクターに就任

2016.6.28 13:1配信
発表会に出席した酒井法子

 「ORIGAMI」スキンケアシリーズ新商品発表会が28日、東京都内で行われ、イメージキャラクターに起用された酒井法子ほかが出席した。

 酒井は「40も半ばです。デビューして今年で30周年」と語りつつも、「吸収力、保湿力がすごくて。基本的に肌が弱いのですが、全く刺激もないしプラセンタと聞いただけでうきうきしながら目の周りや気になるところに塗って寝ています」と語り、年齢を感じさせない肌を見せつけた。

 2009年に覚せい剤事件で活動を休止し、復帰後初のイメージキャラクター就任とあって「のりピー、マンモスうれピー」ときめぜりふを発し、“大和なでしこ”の代名詞という表現には「本当に光栄です。恐縮です。お恥ずかしいですけど」と照れ笑いを浮かべた。

 「きれいな肌を保つ秘訣(ひけつ)はすてきな恋をしているから?」との問いには「するともっといいかもしれないですね」とはぐらかし、最も身近で肌を見ている息子が「いろいろと辛辣(しんらつ)なことを言ってきます。朝の寝起きに『不細工だな』って。『しょうがない』と返しています」と苦笑した。

 復帰からの4年間は「皆さんが支えてくださるおかげで30周年という長い時間、芸能界でやらせていただけています。いろいろあった後にも、約16年ぶりにコンサートができるのは本当にありがたい」とファンの声援や周囲の手助けに改めて感謝を述べた。

 また、覚せい剤取締法違反と大麻取締法違反(所持)の疑いで24日に逮捕された元俳優の高知東生容疑者の話題が上がると、作り笑いのような笑みを浮かべるも口を閉ざし、妻の高島礼子へのコメントを求められても無言のまま。慌てたスタッフが割って入り、「以上で囲み取材を終了とさせていただきます」と打ち切った。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング