撮影現場で「振り回され役」の西島秀俊を 竹内結子「イジっていました」

2016.6.29 16:19配信
本当に演技派と監督から絶賛された竹内結子

 映画『クリーピー 偽りの隣人』大ヒット記念トークショーが28日、東京都内で行われ、出演者の竹内結子、藤野涼子と黒沢清監督が出席した。

 前川裕氏による原作小説「クリーピー」を映画化したこの作品は、ある夫婦の日常が“奇妙な隣人”への疑惑と不安から深い闇へと引きずり込まれていく恐怖を描くサスペンス・スリラー。

 撮影を通して感じた女優・竹内結子について、黒沢監督は「舌を巻くというか…。計算されているし、そのときの瞬発力も含めて完璧なお芝居をされるというのが率直な感想」と感嘆の声を上げ、「見た目がきれいなのでそれにだまされるけど、本当に演技派です」と竹内の提案で芝居が練られたというワンシーンを例に挙げて振り返った。

 藤野についても「肝が据わっています。大物でしょう。くせ者の俳優たちを前にまったく動じることなく堂々と存在していた。素晴らしい新人女優に出会えたなとすごくうれしかった」と褒め称え、藤野は「日常からずっと役でいようと思っていたのですが、休憩のときなどに西島(秀俊)さんや香川(照之)さんや竹内さんがとても楽しそうにお話しされていて、いいなあと思って見ていました」とうらやましげに語った。

 さらに藤野は竹内のオンオフの切り替えの早さと集中力に驚かされたと言い、竹内は「これはこれ、自分は自分と切り離した方が今回は演じやすかったから、あえてふざけていたんだと思います」と役作りを振り返り、「西島さんに小石を持たせて『あのセミをやっつけて!』というようなイジり方をしていました。香川さんにむちゃぶりされてうろたえたり、完全に振り回され役のようでした」と現場での西島秀俊の様子を明かして笑わせた。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング