『インデペンデンス・デイ』20年を経て最新作 「一致団結すればエイリアンにも」と監督

2016.6.29 21:32配信
“2度の侵略”を体験したジェフ・ゴールドブラム

 映画『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』来日記者会見が29日、東京都内の東京スカイツリー展望デッキで行われ、ローランド・エメリッヒ監督と出演者のリアム・ヘムズワース、ジェフ・ゴールドブラム、マイカ・モンローが出席した。

 1996年に公開され空前のディザスター描写で驚きを与えた『インデペンデンス・デイ』から20年、今回はよりグレードアップした映像によるリアルな臨場感を実現し、アメリカ合衆国全土を覆うサイズへと巨大化したエイリアンの宇宙船が全世界へ侵略していくさまを描く。

 自身初の続編作品となるこの作品について、エメリッヒ監督は「1本の独立した作品として完成している」と考えており続編を作る気はなかったものの、『2012』を監督した際に「デジタルカメラを使ってコンピューターでエフェクトを入れていたら目からウロコ。前作を作っているときはテクノロジーが追い付かず制約が多いと思っていたが、いろいろなことが可能になったので続編を作ってもいいと思った」と技術の発展に喜びを語った。

 若き熱血パイロット・ジェイク役で主役に選ばれたリアムは「監督の大ファンだったのですごくうれしかった。ジェフと共演できると聞いて、どれだけ楽しくなるだろうと思っていたら本当に楽しかった。グループ全体が素晴らしかった」と興奮気味に語り、“2度の侵略”を体験したオリジナルキャストのジェフは「この2人は本当に素晴らしく俳優としても特筆すべき才能の持ち主。2人以外の若い俳優もパワーがあって作品を盛り上げる素晴らしい才能を発揮してくれた」と称えた。

 また、「3作目があるかどうかは3~4週間後に聞いて。そうしたら興行収入がどうなっているか分かる」と冗談めかしたエメリッヒ監督は、ファンに向けて「毎週いろいろな事件やニュースがありますが、私たちが描いた世界は、皆で一致団結すればエイリアンにも立ち向かえるのではないかというメッセージを描いています」と語った。

 リアムも「もしこの映画から何かを学べるとしたら、みんなで力を合わせ、助けることの大切さ。そうしたら地球上のいろいろな問題も解決できると思う」とメッセージを寄せ、マイカは「映画は現実から逃避するために見に行くもの。クレイジーなことが起こるけど、そういう欲求が満たされる映画だと思います」とアピールしていた。

 映画は7月9日からTOHOシネマズ スカラ座ほか全国ロードショー。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング