三浦春馬、念願のドラァグクイーン役! 共演の小池徹平「触られると…」

2016.6.30 17:2配信
ヒール姿を初めて披露した三浦春馬

 ブロードウェイミュージカル「キンキーブーツ」の公開舞台稽古が30日、東京都内で行われ、出演者の小池徹平、三浦春馬、ソニンが囲み取材に出席した。

 2013年のトニー賞で作品賞を受賞した大ヒットミュージカルを、今回日本人キャストで初上演。経営不振に陥った老舗の靴工場の跡取り息子チャーリー(小池)がドラァグクイーン(=女装家)のローラ(三浦)に出会い、差別や偏見を捨て、ドラァグクイーン専門のブーツ工場として再生する過程を描く。

 小池は「毎日みんなで切磋琢磨(せっさたくま)しながらいい感じに仕上げていってます」と笑顔で報告。「毎日奮闘しているところ」という三浦も「僕自身出来上がりが楽しみ。“(他者を)受け入れれば自分も変われる”という大切なメッセージを最後にビシっと楽しく伝えてくれる力のある作品。たくさんの人に見てほしい」とアピールした。

 また、ドラァグクイーン役に初挑戦する三浦は「13年にこの『キンキーブーツ』を見た時から、もしこの作品を日本でやることがあれば、オーディションも絶対に受けたいと思っていた」と念願かなっての大役。

 この日は、ヒールを履いて歌い踊る姿を初披露したが「(ヒールは)毎日、毎日テンションや志を一つ上げてくれる感じがします」と話し、「高くて大変では?」という問いにも「実際に踊ってみると苦労はありますけど、だからこそ挑む頂(いただき)が高いので燃えるというか…」とニッコリ。初めて履いた時も、「既にローラ役が決まっていたのですごくうれしい気分だったし、ローラを日本人として初めて僕が演じるというその重みを感じつつ、視界とともに意識も“上げて”くれたような気がしていい気持ちでした」と振り返った。

 そんな三浦のセクシーなヒール姿に、ソニンも「違和感を感じたことがない。一体化してますね」と太鼓判。報道陣から「ドキッとする?」と突っ込まれた小池も「ドキッというか、絡みが多いので触られるとオッとなりますね」と笑わせつつ、「迫力がすごくて圧倒される感じがあります」と賞賛した。

 稽古前には役作りのため自宅でもヒールを履いていたという三浦。「ローラは美を追い求める、女性を崇拝しているキャラクターなので、もちろん女性のしぐさというものを普段からよく見るようになりました。(街行く女性も)ヒールを履いているとなおさら(気になります)。目線が強くなりましたね」と常に熱心だった。

 舞台は7月21日~8月6日に都内の新国立劇場、8月13日~8月22日に大阪のオリックス劇場で上演。その後、8月28日~9月4日、東急シアターオーブで東京凱旋公演。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング