ラオックス、店舗内に観光案内所を設置へ、訪日外国人対策を強化

2016.6.30 17:52配信
観光案内所のイメージ

ラオックスは7月から、店頭で交通チケットの購入やレストランの予約などができる訪日外国人(インバウンド)向けの観光案内所(ツーリストインフォメーションカウンター)を設置する。

個人旅行客やリピーターの増加を考慮し、ショッピング以外のサービスを充実させるのが目的。大手旅行会社のエイチ・アイ・エス(HIS)のグループ企業、ジャパンホリデートラベルと連携し、訪日外国人対策を強化する。

最初に導入する3店舗は、大阪の「ラオックス 心斎橋筋店」と東京の「ラオックス 銀座EXITMELSA」、沖縄の「ラオックス 沖縄国際通り店」。その後、全国の店舗で導入を進める。

観光案内所では、交通チケットの購入やレストランの予約だけでなく、Wi-Fi端末の貸し出しやタクシーの配車が可能。さらに、人力車やネイル・エステサロンなど観光関係の予約もできる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング