G001_back0520140830122923_TP_V

いつの時代でも、年上の男性ってかっこいいです。学生時代は、「先輩」というだけでトキメキましたし、会社員になれば「上司」に胸キュンする女子も少なくないのではないでしょうか。女性自身がアラサーになると、年上男性は言わずもがなアラフォーあたりをかすりだしてきます。

アラフォー男子も渋くてかっこいいのですが、35歳以上で未婚の男性は「難アリ」の可能性が高まってくるのでちょっと注意です。

それを見抜く方法を、今回は考えていきたいと思います。

ママ大好き!過剰な母への愛を持つ「マザコン」

話の頭に、やたらと「お母さんが」「家族が」という単語が出てくるなら要注意です。お母さん愛は抑えられないので、つい会話に出てきてしまうのです。

親を大切にするのはとても良いことですが、会話の流れで彼が物事を決めるときの判断権が親になさそうかチェックしてみましょう。「一度親(ママ)に確認してみる」「親(ママ)がどういうかなあ」というセリフが出てくるようなら要注意です。結婚したら「ママジャッジ」に苦労してしまいますよ。

女性を心から愛せない体質

女遊びが激しく、一見女性が好きそうな男性でも、女性を心から愛せない体質の男性はいます。楽しく食事をしていても、自分のことをあまり話さないなど会話に見えない一定のボーダーラインを引いていたり、理想の女性像が高かったりします。それゆえ結婚願望がない男性が多いようです。好きになった人に心から愛されない上に、その人が結婚願望がないなんて、年頃の女子からすれば絶望です。

判断基準は、理想のタイプを聞いてみてください。「若くて料理がうまくて字が綺麗で女優の○○似で、艶のある黒髪」……それ、妖精じゃね?というくらい、現実味のない高い理想像が現れたらその気質ありなので、要注意です。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます