大人も楽しめる! 気鋭の作家による「KAATキッズ・プログラム2012」

2012.5.17 17:24配信
宮本亜門 宮本亜門

KAAT(神奈川芸術劇場)が昨年に続き開催する「KAATキッズ・プログラム2012」について、5月16日に記者発表が行われた。会見には、芸術監督を務める宮本亜門のほか、主催公演を担当する前川知大、小川絵梨子、小野寺修二が登壇した。

「KAATキッズ・プログラム2012」チケット情報

昨年の震災をきっかけに、大人と子どもが一緒になって楽しめる本物の舞台で観客を元気にしたいとスタートした「キッズ・プログラム」。ミュージカルとワークショップを手がける宮本は、ミュージカル『ザ・ウィズ-オズの魔法使い-』について「元気になるようなものをやりたい! というところから企画しました。自分の力を信じるというシンプルなメッセージを伝えたい」とコメント。主役のドロシー役についてはAKB48をはじめ、NMB48、HKT48、SKE48のメンバーにオーディションを実施中。「徹底的に競い合って、もっと上手くなりたいという根性と熱さをもった人を選びます。最悪、見つからなければ別から」と、宮本自身がひとりひとりを見て、実力のみで審査していることを明かした。また、1990年に初演した宮本の演出・脚色によるミュージカル『ピノキオ~または白雪姫の悲劇~』をもとにワークショップも実施する。2013年の上演を目指し、今年は完成前のワークショップの過程を無料公開する。完成した作品はテント小屋方式で、全国で公演を行う。

前川が脚本を書く『暗いところからやってくる』は、小川が演出を担当。前川は「僕の作品はホラーっぽいものが多いが、その原体験は子どもの頃のもの。一番怖かったのはウルトラセブン。子ども向けだが、大人でも楽しめるおもしろさがある。自分の作品で子どもたちにもそういった経験をしてもらえたら嬉しい」とコメント。小川は「以前、ニューヨークにいたときに子ども向けの作品を作ったことがあり今回も楽しみ。前川さんの脚本はいつもワクワクする感じがするので、それを伝えたい」と抱負を語った。

小野寺が手がけるのは子どもと大人のためのダンス『ゲーム』。「子どもの方がシビアで嘘がばれやすい。飽きるとあっという間だから強敵」だと話す小野寺。パントマイムから出発した小野寺は「身体表現が伝えるものは世代を越えていく。身体をより見せるために言葉をなくす」とのことで、今回は原点に戻ってセリフなしの新作を上演する。

そのほか、海外の団体を招聘しての公演も実施。カナダのコンフェティ劇団による『チックタックの秘密のとびら』、モンゴル国立馬頭琴オーケストラのコンサートと竹下景子による朗読劇で構成される『白い馬の物語』、ウィーン国立歌劇場による子どものためのオペラ『魔笛』が上演される。昨年、好評を博した、が~まるちょばによるサイレントコメディ『That’sが~まるSHOW!』も上演される。

「KAATキッズ・プログラム2012」は6月16日(土)から11月23日(金)まで同所にて開催。チケットは随時発売する。

取材・文:大林計隆

いま人気の動画

     

人気記事ランキング