ヤマハ、「シネマDSP<3Dモード>」搭載の7.1ch AVレシーバー「RX-V773」、AirPlayに対応

2012.5.17 18:35配信
RX-V773

ヤマハは、AirPlayやAppコントロールなどの最新ネットワーク機能に対応し、「シネマDSP<3Dモード>」を搭載する7.1ch AVレシーバー「RX-V773」を、6月下旬に発売する。カラーは、ブラック、ゴールドの2色。価格は9万2400円。

リスニングテストにもとづいて、オーディオ系回路の構成部品を部品メーカーと共同開発してきた高音質パーツから再選定。信号経路を最短化して、音楽系ソースを純度の高い音で楽しめる「ピュアダイレクトモード」や、外部機器からのジッター侵入を阻止して高音質を維持する「ロージッターPLL回路」などを備えている。

パワーアンプ回路や電源部を中心とした改良によって、ブルーレイディスク(BD)やデジタル放送をはじめ、HiFiオーディオからネットワークまで、あらゆる音源をワイドレンジで情報量豊かなサウンドで楽しめる。

さらに、音場に「高さ」方向のデータを加え、左右のメインスピーカーの上部に設置したプレゼンススピーカーを使って立体的なサラウンド空間を再現する「シネマDSP<3Dモード>」を搭載。映画向けプログラムでは画面に引き込まれるような立体感、音楽向けプログラムでは天井や床の反射音までをも感じさせる臨場感を味わえる。

プレゼンススピーカーの設置が必要な「シネマDSP<3Dモード>」を、通常の7.1chまたは5.1chスピーカー構成で手軽に楽しめる「VPS(バーチャル・プレゼンス・スピーカー)」や、「VPS」を使った「ダイアログリフト」機能を備える。また、音場プログラムに合わせて「シネマDSP<3Dモード>」と通常の7.1chサラウンドを自動選択する「デュアル7.1ch」に対応する。

インターフェースは、次世代テレビ規格を先取りする4K映像に対応。3D映像伝送やオーディオリターンチャンネル(ARC)、主要メーカー製のテレビやレコーダーとのリンク機能などに対応する、入力×6系統(前面1系統/背面5系統)、出力×2系統のHDMI端子を搭載する。

4K映像信号は、伝送(パススルー)と、従来のHDまたはSD画質の映像信号を4K相当の解像度まで引き上げてテレビに伝送する「4Kアップスケーリング」に対応。よく使う映像ソースとして、指定したテレビやレコーダーを連動して起動させる「SCENE」ボタンを備え、最新のテレビやBDレコーダーの高画質・高機能を生かしながら、将来を見据えた視聴環境を構築できる。

専用アプリ「AV CONTROLLER」を使って、スマートフォンやタブレット端末から操作できる「Appコントロール」や、iPhone/iPad/iPod touchやPC内のiTunesライブラリに保存した音楽コンテンツを高音質でストリーミング再生するAirPlayなど、最新のネットワーク機能に対応する。

「AV CONTROLLER」内のプレーヤー機能を使えば、AirPlay非対応のAndroid搭載スマートフォンやタブレット端末内の音楽コンテンツを、ワイヤレスでストリーミング再生できる。また、PC内の音楽コンテンツやインターネットラジオなどが聴けるネットワークオーディオ機能(DLNA1.5準拠)を搭載し、MP3やAAC形式のファイル再生に対応している。

FLAC形式にも対応しているので、CDの音質を上回る96kHz/24ビットのハイレゾ音源を音楽配信サイトなどからダウンロードして楽しめる。USBポートにiPhone/iPad/iPod touchを接続した場合は、デジタル伝送による高音質再生やバッテリの充電、リモコン操作に対応する。

HDMI以外のインターフェースは、映像入力がコンポーネント端子×2系統、D端子×1系統、コンポジット端子×5系統、アナログ音声入力×5系統、デジタル音声入力として光×2系統、同軸×2系統を備える。サイズは幅435×高さ171×奥行き368mmで、重さは10.8kg。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング