ASUS、タブレット端末「ASUS Pad TF300T」、クアッドコア搭載で3万円台から

2012.5.17 18:57配信

ASUSTeK Computer(ASUS)は、クアッドコアCPUとAndroid 4.0を搭載したタブレット端末「ASUS Pad TF300T」を、6月以降に発売する。

ラインアップは、タブレット本体にモバイルキーボードドックが付属した「TF300-BL32D(ブルー)」「TF300-WH32D(ホワイト)」と、タブレット単体の「TF300-BL32(ブルー)」の2機種。価格は、モバイルキーボードドック付属モデルが4万4800円、タブレット単体が3万4800円。今後は、これまでの「Eee Pad」シリーズを、メーカー名を冠した「ASUS Pad」シリーズとして展開する。

「ASUS Pad」シリーズ第一弾となる「ASUS Pad TF300T」は、厚さ9.9mm、約635gのコンパクトボディ。3万円台からの手頃な価格ながら、最新のAndroid 4.0.3、モバイル向けクアッドコアプロセッサのNVIDIA Tegra 3、広視野角な10.1型ワイドIPS液晶ディスプレイを搭載し、負荷の高い作業を高速に処理して快適に使用できる。ディスプレイは、10本指のすべてのジェスチャーを認識するマルチタッチに対応する。

さらに、専用のモバイルキーボードドックを接続すると、ノートPCのように使うことができる。キーボードドックにもバッテリを内蔵しているので、バッテリ駆動時間は、タブレット単体の約10時間から最長約15時間に延びる。

カメラ機能を強化し、背面にF値2.2カメラレンズと裏面照射CMOSセンサを採用した800万画素のオートフォーカスカメラを搭載した。前面には120万画素のインカメラも備える。

eMMC(Embedded MultiMediaCard)規格に準拠した32GBのNANDフラッシュメモリを備える。このほか、GPS、電子コンパス、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 3.0 + EDR、独自のオーディオテクノロジー「ASUS SonicMaster」などを搭載。タブレット本体のサイズは幅263.0×奥行き180.8×高さ9.9mmで、重さは約635g。モバイルキーボードドック接続時のサイズは幅263.0×奥行き180.8×高さ20.3mmで、重さは約1.1kg。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング