国内最大規模アナログゲームの祭典『ゲームマーケット2019秋』に初参戦で、麻雀型ボードゲーム「いまさら恋だったなんて言うなよ。」発売開始!

➢アプリゲームを開発してきたカヤックが、近年ブームとなっているボードゲーム(以下、ボドゲー)市場に本格参入することを発表 ➢アプリ上で、誰でもボドゲーを作れて、みんなで色々なボドゲーで遊べるプラットフォーム「unsealr(アンシール)」を本日より配信開始:https://unsealr.com ➢これまでの麻雀型ボドゲーにはない、恋愛の甘酸っぱさを楽しめる「いまさら恋だったなんて言うなよ。」を11月23、24日東京ビッグサイトで開催される『ゲームマーケット2019秋』で発売開始


株式会社カヤック(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役CEO:柳澤大輔、東証マザーズ:3904、以下「カヤック」)は、近年人気が高まるボードゲーム(以下、ボドゲー)市場に本格的に参入するため、ボドゲープラットフォームアプリ「unsealr(アンシール)」の提供を本日2019年10月23日(水)より開始します。また、11月23日(土)、24日(日)の2日間、東京ビッグサイトで行われる国内最大規模のアナログゲームの祭典『ゲームマーケット2019秋』に初参加し、新作の麻雀型ボードゲーム 「いまさら恋だったなんて言うなよ。(以下、いま恋)」の発売を開始いたします。


「unsealr」は、自ら考えたボドゲーのルールとカードデザインをアプリに登録でき、他のユーザーに遊んでもらうことができます。開発の背景として、5年前と比べて、『ゲームマーケット』の参加者は約3倍とボードゲーム愛好者が増えるに伴い、個人で考えたゲームを発表する”ゲームクリエイター”も増加傾向にあります。『ゲームマーケット』でも、自らボードゲームを作って販売する「一般出展」の数が5年間で約2.5倍に拡大しました。
※参照:「ゲームマーケット」過去の開催データ(http://gamemarket.jp/report/)

そこで、“つくる人を増やす”という経営理念を持つ当社は、ゲームクリエイターが自分のゲームを発表する場を増やそうと、本アプリを開発するに至りました。

日本では1970年代に「人生ゲーム」などボドゲーの大流行がありましたが、それ以降はデジタルゲームが主流となってきました。ボドゲーが再注目される背景として、ソーシャルゲームやSNSなど、オンライン上で人と人が繋がり始め、オフライン上での繋がりが希薄になる現代に、またアナログゲームを通して人と繋がりたいという人が増えたからと考えられます。

当社は、本社の鎌倉を中心に地域と繋がり、社内外共にコミュニティ形成を大切にしてきました。ボドゲー市場に本格参入することで、年代問わずオフラインで人と人とが繋がり、遊べる機会を提供して参ります。


【誰でもボドゲーを作って遊べる「unsealr(アンシール)」】
「unsealr」は、誰でもボードゲームやカードゲームをつくって遊べるアプリです。オリジナルのカードデザインやコンポーネントするだけでゲームが作れます。作成したアプリは「unsealr」上に登録されます。
あそび方はとても簡単。「unsealr」を利用しているユーザーは、「unsealr」上で制作されたゲームを選んぶだけです。ルールブックを読んで、みんなでプレイするボードゲームの体験はいつものまま。

■「unsealr」アプリダウンロード
Google play:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.kayac.retrievers&hl=ja
App Store:https://apps.apple.com/jp/app/id1471093963?l=ja
■対応機種:iOS9.0以上、 AndroidOS4.4以上のスマートフォン
■アプリ価格: 無料(一部課金) ※アプリのご利用にはパケット通信料が必要です。




【甘酸っぱい気持ちを楽しめる新作ボードゲーム「いまさら恋だったなんて言うなよ。」】



「いま恋」は、「女の子」「下駄箱」「どしゃぶり」といったキーワードが記載されているカードを使って、6枚のカードで役を揃えてライバルよりも早くあがれば勝ちの、簡単かつきゅんきゅんできるゲームです。

当社が初参戦する“電源を使用しない”アナログゲームの祭典「ゲームマーケット 2019 秋」で本ゲームを販売と、ゲーム開発者が説明し一緒に遊んでいただける体験卓を設置する予定です。2019年11月23日(土)、24日(日)10~17時の両日出展しておりますので、是非ご来場ください。


開発者コメント:
ボードゲームをすると若手にいつも負けてしまっていたのですが、麻雀を一緒にやってみるとおじさんのほうが何故か強い。ということで麻雀を模したゲームを作りました。そのはずが、遊んでいると手札で若かりし頃の恋愛のこだわりに引っ張られるゲームになってしまい、若者以上に(過去の)自分との戦いを浮き彫りにしたゲームに仕上がったと思います。開発メンバーが集まってゲームルールを考えるにあたって、各々に譲れない思い出がありすぎたので、よりスタンダードでシンプルな学生の頃あるあるにまとめることが非常に難しかったですが、プレイを始めると自然と気持ちが入り、みんなで要らぬ思い出話を語り合いながら笑ってゲームが出来るようになったと思います。是非、楽しんでください。

■「いまさら恋だったなんて言うなよ。」商品概要
商品名:いまさら恋だったなんて言うなよ。
価格:2,500円(税込)
対象年齢:13歳以上
対象人数:2~5人
時間:20分ほど
販売:2019年11月23日(土)、24日(日)開催の「ゲームマーケット 2019 秋」での出展ブースにて
URL:http://kayac.com/service/other/1696


【株式会社カヤック会社概要】
https://www.kayac.com/
固定概念にとらわれない発想力・企画力、形にしていく技術力を強みに、ゲームアプリや広告・Webサイト制作を始め、最新テクノロジーとアイデアを掛け合わせた新しい体験をユーザーに提供しています。社員の9割にあたる約270名がデザイナーやプログラマーなどのクリエイター人材で「つくる人を増やす」を経営理念に多様性を生かしたユニークな人事制度や経営を行なっている。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ