『HiGH&LOW』完成披露に出演者勢揃い

2016.7.4 20:34配信
(左から)鈴木伸之、岩田剛典、AKIRA、青柳翔

映画『HiGH&LOW THE MOVIE』完成披露舞台挨拶が7月4日に開催され、企画プロデュースを務めるEXILE HIROに、AKIRA、青柳翔、井浦新、TAKAHIRO、登坂広臣、岩田剛典、窪田正孝、林遣都ら総勢なんと50名が舞台挨拶に登壇した。

完成披露舞台あいさつ その他の写真

“SWORD地区”と呼ばれる街の覇権争いをめぐり、5つのチーム、外部の勢力らが戦いを繰り広げるが、2シーズンにわたるドラマ、そして今回の映画と膨大な数の出演者が参加しており、この日はその一部とはいえ、総勢50名が顔をそろえた。

幕の向こうにキャスト陣のシルエットが映っただけで、会場のボルテージは一気にアップ! 幕が下りて、AKIRAを中心に50名が姿を見せると、大歓声に包まれた。司会者が、50名の名前を全員分読み上げるだけでも、数分を要しその間も完成は途切れることがなく続く。

HIROは「みなさんの熱気がすごくて…サイコーです!」と満面の笑み。AKIRAはこの歓声に自信を得たのか「『HiGH&LOW』旋風を巻き起こします」と力強い言葉でファンに約束した。

TAKAHIROは「応援してくださるみなさまのおかげで今日を迎えることができました」と感謝の言葉を口にする。劇中では登坂と兄弟を演じているが「日ごろから飲みに行ったりしてるので、そのまま」と明かす。映画の中では弟に振り回される姿も見せているが「途中で『お兄ちゃんの話を聞きなさい!』というセリフが出てくるんですが、普段、飲んでてもこっちが熱く語ってるのに全然聞いてないことがあるのでそれも役に生かせた」と自信ありげ…? だが、女好きという設定に関してだけは「そこは全然違うので、役作りが難しくて…」と苦悩(?)を明かすも、「えー…」というファンの疑問の声にかき消されていた。

岩田が演じたコブラは、アントニオ猪木を尊敬しコブラツイストが得意技という設定だが、岩田も「僕も猪木さんが好きなので」とうなづくと、すかさず会場は、岩田にモノマネ、一芸を求める空気に…。戸惑う岩田を救ったのは、映画の中でかつての“兄貴分”である琥珀を演じたAKIRA! 後輩のピンチにすかさず自身が身を挺して、猪木の真似を披露し、これには岩田も「さすがです!」と感謝! 会場は爆笑に包まれていた。

『HiGH&LOW THE MOVIE』
7月16日(土)全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング