柏木由紀「女だらけの環境でこれは奇跡」 小嶋陽菜「私が一番必死さが足りなかった」

2016.7.8 17:25配信
AKBについて語った小嶋陽菜

 映画『存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48』の初日舞台あいさつが8日、東京都内で行われ、AKB48メンバーの入山杏奈、大島涼花、岡田奈々、柏木由紀、加藤玲奈、小嶋陽菜、小嶋真子、島崎遥香、高橋朱里、谷口めぐ、向井地美音、武藤十夢、村山彩希、横山由依、渡辺麻友が登壇した。

 「AKBの後輩に向けてこれからも大切にしてほしいことはありますか?」と聞かれると渡辺は「当たり前のことですが、入った時代が違うから受け取り方や感じ方に違いがあって、私たちが今まで得たことはきちんと後輩に伝えていかなければいけない」と語った。

 同じ質問に柏木は「後輩の仲の良さというのはいつも感じていて、プライベートでも交流を持ったりしています。それは、今までのAKBグループの強みであり、これからも大切にしてほしいところです。こんなにたくさんの女性だらけの集団の中で仲良くいられるというのはある意味奇跡だと思っています」と答えて笑顔を見せた。

 続けて、島崎は「OGの方には卒業してからも的確なアドバイスをいただいていて助けられている部分も多いので…。もし、本当に後輩の中で自分が卒業した後も相談したいと思っている人がいるなら、私もOGの方と同じようにアドバイスを送りたいです」と語り、照れ笑いを浮かべた。

 今回の作品ではつんく♂にAKBに対する印象を聞くシーンがある。「機動力があり、必死感があった」とコメントを寄せられたことに対して小嶋陽菜は「当時は5人ぐらいずつのグループに分かれて合宿をし、とにかく話し合う場が多かったんです。だけど私が一番必死さが足りなくて打つ手なしって感じでした」と当時の思い出を話しながら、最後は会場の笑いを誘った。

 「向井地さんはAKBグループに入る前に小嶋陽菜の握手会に訪れるほどのファンだったエピソードが有名ですよね?」と聞かれた向井地は「そうなんですけど、こじはるさん自身にファンだということを知っていただいたのは今年に入ってからでして。最近まで一方通行の思いを抱えたままだったんです。知っていただけて良かったです」と興奮した様子で語った。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング