高島彩アナが出産後約1カ月で仕事復帰 「家ではほぼ裸族のように過ごしていた」

2016.7.11 13:44配信
スピード復帰した高島彩アナウンサー

 26日午後8時から放送されるカンテレ・フジテレビ系バラエティー番組「ニッポンのぞき見太郎夏の2時間スペシャル」の収録が8日、東京都内で行われ、進行役の高島彩アナウンサーが仕事復帰した。

 高島アナは、6月1日に第2子となる次女を出産してから約1カ月でのスピード復帰にも「意外とスピーディーに戻ってしまったのでずっと休んでいたという感じもなく」と変わらぬ進行ぶりを見せ、「とはいえ1カ月間、家ではほぼ裸族のように過ごしていたので、きちんとしてお化粧をして仕事場に来て、身が引き締まりました」と笑わせた。

 出産時には夫でゆずの北川悠仁の到着が遅れたため「主人が立ち会いたいのを助産師さんも知っていたので、私は準備万端だったのですが5分ぐらい“主人待ち”がありました」と苦笑交じりに振り返り、「痛みが急激に来たのもありますが、病院に着いてから2時間、分娩台に上がってからは30分で出産した」と明かして驚かせた。

 「落ち着いたらもう一人ぐらい頑張れたら」と早くも第3子に向けて意欲を見せ、「もちろん男の子も育ててみたいけど三姉妹というのも魅力的。男女どちらでも体力やその他のラッキーに恵まれれば三人、四人目もいってみたいという気持ちはあります」と語った。

 レギュラー出演者の徳井義実は「何事もなかったかのように帰ってきて、女は強い、高島彩は強いなと思いました」と素直に驚き、生瀬勝久も「余計にきれいになった。余裕というか、働く女性はこうであるべきというような。さらに女性の憧れになるんじゃないかと思います。あと、本当に(進行が)上手」と復帰を喜んだ。

 番組独自の全国1万5000人規模の“のぞき見アンケート”で日本人の生態をリアルにあぶり出す本番組の2時間スペシャルでは、高島アナがかねて興味を示していた「立ち合い出産の実情」についても特集する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング