(左から)内田理央、生瀬勝久、柄本時生

 ドラマ24「侠飯~おとこめし~」の記者会見が11日、東京都内で行われ、出演者の生瀬勝久、柄本時生、内田理央が出席した。

 本作は、福澤徹三氏の同名小説を実写化したグルメドラマ。やくざの組長・柳刃竜一(生瀬)が、ひょんなことから大学生の良太(柄本)の家に転がり込み、絶品の料理をふるまう姿を描く。

 ボーイズラブコミック好きで良太の友人の結城春菜を演じる内田は、ドラマ内でワイシャツ1枚の“彼シャツ”姿も披露する。主演映画『血まみれスケバンチェーンソー』ではふんどし姿も話題になった内田だが、彼シャツ姿について「(柄本に下着を)見せてしまったら申し訳ないなと」と照れくさそうに振り返り、「周りの男性スタッフも『おお』って言ってくださったので、男性はこういうシチュエーションが好きなんだなって」とマイペースにコメント。

 内田は撮影を「男くさい現場ですけど、全然気を使わずにおいしい料理と男性に囲まれながら楽しく撮影をしています。大学生時代にできなかった『誰かのおうちでご飯を食べようぜ』とか、『この後飲みに行こうぜ』みたいな、憧れの大学生活で楽しいです」振り返った。

 また、ドラマでは食事のシーンも見どころ。現在一人暮らしという内田は「普段一人で食べることが多いので、みんなで食べるのは楽しいと思いながら毎回食事のシーンを楽しみにしています」とにこやかに振り返り、「先日初めてステーキをナイフで切らずに食べまして。原始人みたいに食べるのは大変だと思いながらナイフのありがたさを感じましたし、熱々でよりジューシーさを感じることができました」と語った。

 ドラマは15日からテレビ東京系列で毎週金曜日深夜0時12分から放送。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます