うどん県副知事・要潤を予告ナレーションに起用!「うどんの国の金色毛鞠」第2弾キャスト情報が公開

2016.7.12 16:30

テレビアニメ「うどんの国の金色毛鞠」次回予告ナレーションにうどん県副知事・要潤を起用!

udon_teaser ©NS,S/UP

2016年10月から放送開始を予定しているテレビアニメ「うどんの国の金色毛鞠」の最新情報が公開されました。

うどんで有名な香川県で“うどん県副知事”に就任している俳優・要潤さんが次回予告のナレーションを担当することになり、「アニメのファンの皆様の期待に沿えるように頑張ります」とコメントが発表されています。

うどんの国01 ©NS,S/UP
うどんの国02 ©NS,S/UP

また、第2弾キャスト情報も公開されており、作中に登場するマスコットキャラ「ガオガオ」を黒田崇矢さんが担当するほか、黒髪で活発な性格の女の子・ミミを牧野由依さん、茶髪でおしとやかな女の子・モモを古城門志帆さん(ポコ役)が演じます。

次回予告ナレーション担当・要潤さんのコメント

今回ナレーションを担当させていただきます。地元を題材にしたアニメということで、どんなものかと思い読みましたが、非常に忠実に香川県の名所や名産がストーリーに織り込まれていて、没頭して読んでいます。
また主人公も私自身と世代が同じで境遇も遠からず、自分と重なる所も多々あります。アニメのファンの皆様の期待に沿えるように頑張りますので、応援よろしくお願いします。

「うどんの国の金色毛鞠」

【イントロダクション】
『うどんの国の金色毛鞠』は通称“うどん県”で有名な香川県を舞台にした作品。父親の死に際し生まれ故郷へ帰った 主⼈人公・俵 宗太(たわら そうた)が人間の子供の姿に化けたタヌキのポコと出会い、ポコや親友の中島、姉、初恋の同級生など周囲の人たちとの生活を通じて成長していく物語。

【STAFF】
原作:『うどんの国の金色毛鞠』篠丸のどか(新潮社 「月刊コミック@バンチ」連載)
監督:宅野誠起
助監督:臼井文明
シリーズ構成:高橋ナツコ
キャラクターデザイン・総作画監督:伊藤依織子
美術設定:イノセユキエ
美術監督:合六 弘
色彩設計:小野寺笑子
撮影監督:後藤晴香
編集:吉武将人
音響監督:鶴岡陽太
音楽:橋本由香利
アニメーション制作:ライデンフィルム
製作:「うどんの国の金色毛鞠」製作委員会

【CAST】
俵 宗太:中村悠一
ポコ:古城門志帆
ガオガオ:黒田崇矢
ミミ:牧野由依
モモ:古城門志帆

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます

いま人気の動画はこちら!

     

人気記事ランキング

「Character JAPAN」Twitter


dummy 新ライター&カメラマン募集中!

<<<< 詳しくはコチラ >>>>

ソーシャルアカウント