2019年10月26日(土)〜27日(日)の2日間、東京・池袋にてコスプレイベント『池袋ハロウィンコスプレフェス2019』(以下池ハロ2019)が開催。今回は、2日目となる27日に会場を盛り上げたコスプレイヤーの皆さんをレポートします。

池ハロ2019も、人気作品コスに身を包むイケメンレイヤーが勢ぞろい!

『東京喰種』の金木研や『まじっく快斗』の怪盗キッド、そして『HUNTER×HUNTER』のクロロ・ルシルフルに『グラップラー刃牙』の範馬刃牙など、様々なジャンルのキャラクターコスが一堂に会するさまは壮観です。

様々な作品の中でも、数多くの男性レイヤーさんが身を包んでいたのが『ONE PIECE』に登場するキャラクターたち。激シブのクロコダイルや、超マッチョなゾロ&ウソップなどなど、レイヤーさんの表情も素晴らしいですね。

男女問わず人気なのが、やはり『Fate/Grand Order』のキャラクターでしょうか。巌窟王エドモンド・ダンテスやエレナ・ブラヴァツキー&虞美人など、池袋にサーヴァントたちが次々と召喚されています。秋の風物詩となった池ハロ、来年も楽しみですね!

Medery.では池ハロ2019特集を実施。現地レポートを多数お届けしています。

1977年生まれ。埼玉県出身。ライター/ブロガー。2004年からブログ「鈴木妄想なんじゃもん」を開始。日本各地・アジア各国のアイドルシーンやサブカルチャー/ポップカルチャーについて独自の視点で語り続ける。著作に「新大久保とK-POP」(マイナビ出版)。