バナナマン、アフレコでもコンビネーションに自信 アニメ声優初挑戦、永作博美の声の違いに驚く

2016.7.12 17:43配信
(左から)家入レオ、永作博美、バナナマン、佐藤栞里、宮野真守、梶裕貴

 映画『ペット』の吹替版完成報告会見が12日、東京都内で行われ、声優を務めたバナナマン(設楽統、日村勇紀)、佐藤栞里、永作博美、宮野真守、梶裕貴とイメージソングを歌う家入レオが出席した。

 本作は“飼い主がいない時、ペットたちは一体どんなことをしているのか”という誰もが一度は考えたことがあるペットたちの日常の裏側をユーモラスに描く。主人公で犬のマックスを設楽が、デュークを日村が演じた。

 猫のクロエ役を永作が演じることは台本でも共演者にすら名前が伏せられていたという。永作は、アニメーション声優初挑戦ながら、普段の声色とは違う声を披露した。「今、日村さんにも『声が違う』と言われて、ちょっと安心しました。動きながらしゃべっているので、どこで息継ぎをしたらいいのか分からなかった。難しかったです」と語った。

 鷹のタイベリアス役の宮野は平泉成を意識した役作りを日村にばらされ、「ネタばらししちゃいます? ここまでのチャレンジは初めてでどうなるかと思いましたが、これから役の幅が広がる」と喜んだ。

 一方、モルモットのノーマン役の梶は「僕のは声を変えているわけじゃなくて加工されているのでちょっと寂しかった。字幕の方も監督が声を担当してモルモットサイズの声に加工されているんです」と明かして笑わせた。

 キャラクターの登場シーンの一部がお披露目され、設楽は「完成したものは見せてもらっていたけど、今ここで見たらまた良くなっている」と自画自賛し、日村も「23、4年、コンビをやっていますから」と胸を張った。

 さらに設楽は、マックスとデュークのコンビネーションについて「実際は別々に録っているけど、こんな感じでくるかなと思っていたところを、後で見たらやっぱりこうかと。コンビでやっている強みが出たと思う」と自信をのぞかせた。

 映画は8月11日から全国ロードショー。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング