「スター・ウォーズ」の原点を紐解く、アナザー・ストーリー写真解禁! ダース・ベイダーの部下“デス・トルーパー”の正体は?

2016.7.12 20:00

2017年夏が待ちきれないファンのために、「スター・ウォーズ」最新作が今年12月に早くも公開されます。あのダース・ベイダーも登場するアナザー・ストーリーは、注目度満点! いったい、どのような世界が展開されるのでしょうか?

©Lucasfilm 2016©Lucasfilm 2016

第一作「エピソード4」に繋がる謎が解ける!?

昨年末に「エピソード7/フォースの覚醒」が公開され、往年のファンだけでなく、新たなファン層を開拓した「スター・ウォーズ」シリーズ。

2017年夏の公開を今から待ちわびている方は多いと思われますが、一足先の今年12月に、“アナザー・ストーリー”である「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」が公開されることになりました。

 

物語は、シリーズ1作目「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」以前にさかのぼります。

主人公となるのは、15歳から犯罪の限りを尽くしてきた天涯孤独のヒロイン・ジン。反乱軍に身柄を拘束された彼女は、これまでの罪を帳消しにしてもらう代わりに、帝国軍の究極兵器“デス・スター”の設計図を盗み出すミッションに挑む…。

 その設計図こそが、エピソード4で、レイア姫がR2-D2に託した設計図なのです。

ファンにとっては長年の謎に応えるストーリーであることは間違いなし。

さらに、もう出てくることはないと思われていたダース・ベイダーが、もう一度活躍するということで、絶対に見逃せない作品なのです。

 ヒロインはアカデミー賞ノミネートのフェリシティ・ジョーンズ

ヒロイン・ジンを演じるには、「博士と彼女のセオリー」でホーキング博士の妻を熱演し、アカデミー主演女優賞にノミネートされたフェリシティ・ジョーンズ。

キャスリーン・ケネディ・プロデューサーによると、「この物語におけるジャンヌ・ダルク的存在」というだけに、これまでとは異なる演技で魅了してくれそうです。

 監督は、2014年にハリウッド版「ゴジラ」を手掛けたギャレス・エドワーズが担当。

幼少期に「スター・ウォーズ」を観たことで映画監督を目指したというエドワーズ監督は、「情報セキュリティの関係上、本当はいけないことなんだけど自分を抑えられなくて……ケータイのカメラで写真を撮りまくってしまったよ」と、嬉しさを隠しきれなかったといいます。

 ダース・ベイダーの部下“デス・トルーパー”の正体は?

そんな中、新たな場面写真が2枚公開されました。1枚目は、これまでのシリーズでは見られない、南の島を連想させる美しい海の中を歩く、ストームルーパー。

そして、もう1枚が漆黒のボディがダース・ベイダーを連想させる“デス・トルーパー”。

野心的な悪人オーソン・クレニック(ベン・メンデルソーン)が率いてる兵士群であるデス・トルーパーは、ダース・ベイダーの部下でありながら、ダース・ベイダーを常に出し抜こうとしているとか? ストームルーパーとの関係も気になるところですね。

 20161216日(金)全国ロードショー/ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

「ぴあ中部版」映画担当を経て上京、その後はテレビ情報誌、不動産雑誌・広告などの編集・ライターを務める。著書に『年収350万円でも家が買える』(2014年・彩図社刊)。また、映画監督としては、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭などで注目され、2002年「異形ノ恋」(出演・西川方啓、木下ほうか、寺田農)でデビュー。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます

いま人気のディズニー動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント