松本潤×有村架純で“究極の恋”描く

2016.7.14 11:10配信
『ナラタージュ』文庫、有村架純

2005年に発売された島本理生原作の恋愛小説『ナラタージュ』が、松本潤と有村架純の共演で映画化されることが発表された。長年に渡り映画化を熱望していたという行定勲監督がメガホンを執り、2017年秋に公開される。

その他の情報

映画は、高校教師と生徒として出会った男女が、数年後に再会し、一生に一度しかめぐり会えない“究極の恋”に落ちる様を描いたラブ・ストーリー。決して許されないとわかっていながらも惹かれ合うふたりの純愛を紡ぎ出していく。高校の演劇部の顧問で、ある過去の出来事によって逃れられない影を抱えている教師・葉山貴司を松本が、孤独だった高校生活を葉山によって救われた元生徒で、現在は大学に通う工藤泉を有村が演じる。

痛みすらも愛おしいほどの恋を体現するふたりは、「恋愛というのは、感じ方や受け取り方が人それぞれ違うものだと思います。でも、人の心が人の心を動かす瞬間は誰もが共感してもらえるものだと信じています。有村さんと一緒に、清らかであるのと同じほど、苦しい心模様を表現していきたいです」(松本)、「大人とか子供とか関係なくひとりの女性としてひとりの男性に愛を注いでいくのですが、そのとても繊細な恋愛模様を大切に大切に演じていきたいと思います」(有村)とコメントを寄せた。

ふたりをキャストに迎えた行定監督は、「不確かな愛に揺れるふたりを松本潤さんと有村架純さんに狂おしく演じてもらうことに私自身、胸が高鳴ります。恋することがこんなに辛いのならしなければよかったと思えるような、“恋愛映画の金字塔”を目指して、スタッフ・キャスト一丸となって挑みたいと思います」と意気込みを語っている。

『ナラタージュ』
2017年秋 全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング