PFU、Android搭載端末と連携するドキュメントスキャナ「ScanSnap S1300i」、各種クラウドサービスに対応

2012.5.21 19:50配信
ScanSnap S1300i

PFUは、パーソナルドキュメントスキャナ「ScanSnap」シリーズの新製品として、エントリーモデルの「ScanSnap S1300i」を5月25日に発売する。価格はオープンで、オンラインショップ「PFUダイレクト」での価格は、本体が2万7800円、本体に「楽2ライブラリ パーソナル V5.0」が付属するセットモデルが3万2800円。

スキャン速度を従来機種と比較して1.5倍の毎分12枚(A4カラー、150dpi、ACアダプタ利用時)に向上したドキュメントスキャナ。「ScanSnap」シリーズでスキャンしたデータをiPad/iPhoneに直接PDFファイルで保存できる「ScanSnap Connect Application」が、新たにAndroid搭載スマートフォンやタブレット端末に対応した。Android版の「ScanSnap Connect Application」は、5月25日以降にGoogle Playで入手できる。Android 2.2以降に対応する。

スキャン後の「クイックメニュー」に表示するEvernoteやGoogleドキュメント、Salesforce、Sharepoint Online、SugarSyncなどのクラウドサービスとの連携機能に、新たにDropboxを追加した。

「クイックメニュー」による簡単連携に加えて、新たに各種クラウドサービスやクラウドアプリケーション上の書類を、PCのフォルダ内にあるデータとして扱うWindows専用の「ScanSnap Folder」機能を搭載。クラウド上の書類を、あらかじめPCのHDDに保存することなく、さまざまなクラウドサービス上へ最短の手順でアップロードできる。

対応OSは、Windows 7/Vista、Mac OS X 10.7/10.6(Mac OS X 10.6.6以降を推奨)。サイズは幅284×高さ77×奥行き99mmで、重さは1.4kg。

「ScanSnap S1500」「S1500M」「S1300」「S1100」のユーザーに、5月25日から、新機能を追加するアップデートプログラムを「ScanSnap」ウェブページで提供する。

また、5月25日~7月31日の期間、「ScanSnap S1300i」「S1300」「S1500」「S1500M」「S1100」のいずれかを購入し、「ScanSnap」ウェブページでユーザー登録した人を対象に、『かんたん「整理術」をはじめよう!キャンペーン』を実施。抽選で10名にAndroidタブレット端末「ARROWS Tab Wi-Fi」、100名に「Dropbox Pro 50」(1年間50GB)、1300名にキングジムの「スキャンノート(横罫/A5)」をプレゼントする。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング