剛力彩芽、初のシェフ役に「おなかが空く」 首相を演じる小日向文世は“毛量”を危惧

2016.7.19 17:32配信
初のシェフ役を演じる剛力彩芽

 テレビ朝日系金曜ナイトドラマ「グ・ラ・メ!~総理の料理番~」制作発表記者会見が19日、東京都内で行われ、出演者の剛力彩芽、滝藤賢一、高橋一生、新川優愛、内藤理沙、松尾幸実、三宅弘城、小日向文世が出席した。

 西村ミツル氏と大崎充氏がタッグを組んだ人気漫画をドラマ化した本作は、天才女性シェフ一木くるみ(剛力)が約70年ぶりに復活した総理任命の「官邸料理人」として総理官邸に乗り込み、腕一本で数々の要人や政治家たちをとりこにしていく様子を描く。

 シェフ役に初挑戦となる剛力はクランクインの1カ月前から修行に励んだ。「調理のシーンはすごく時間がかかります。おいしそうに出来上がっていくところをどう見せるか、焼いた瞬間の音や包丁の音など、最初はすごく緊張しました」と振り返り、今では「司書のころに比べたらできるようになったかな。そのあとに待っている食事が楽しみでどんどんおなかが空いていきます」と成長ぶりを語った。

 “女優宣言”後、初めてドラマに出演する松尾は総理大臣官邸事務所の職員を演じる。「ドラマの現場は初めてで何もかもが目新しく萎縮して入りましたが、皆さんが優しく迎えてくれて落ち着いて臨ませてもらっています」と語った。

 内閣総理大臣・阿藤一郎役の小日向は「現総理の安倍晋三さんは同い年ですが、毛の量が圧倒的に多い。(都知事選に出る)鳥越俊太郎さんも76であの量はすごい。安倍さんの顔をまねしようとは思っていないけど、東国原(英夫)さんに見えなければいいなと思っています」と笑いを誘い、「この頭は逆光に弱いのですが、見た目ではなく中身で重みというものを表現したい」と語った。

 ドラマは22日午後11時15分から毎週金曜日に放送。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング