【WINNER】「僕たちは本当に幸せ者」――3度目の日本ツアー幕張メッセ公演を徹底レポート

WINNERの3度目の日本ツアー「2016 WINNER EXIT TOUR IN JAPAN」。「韓流ぴあ」では、ツアースタートとなった幕張メッセイベントホール2日目公演を徹底レポートでお届け!

WINNER 左からナム・テヒョン、ソン・ミンホ、イ・スンフン、カン・スンユン、キム・ジヌ

2014年9月に日本デビューした5人グループのWINNERが、3度目の日本ツアー「2016 WINNER EXIT TOUR IN JAPAN」を開催。過去2回のツアーより、もっとシンプルに自分たちの歌声と音楽を“聴かせる”ことに重点が置かれ、これまで韓国でリリースされた2枚のアルバムの日本語Ver.の曲、全15曲を中心に、ソロの初披露曲や、未発表曲を含む、全22曲を披露した。6月18日に、幕張メッセイベントホールにてスタートを切ったツアー2日目の模様をレポートする。

場内に流れる『JUST ANOTHER BOY』の音楽が止むと、バンドの音が鳴り響き、会場の床が音の振動で大きく揺れた。サイレンの音とINNER CIRCLE(WINNERのファン)の大歓声が飛び交うなか、6月にデジタルリリースされたアルバム『EXIT MOVEMENT : E -JAPAN EDITION-』のタイトル“EXIT”の文字が浮かぶステージセンターの扉から姿を現したWINNER。

『LOVE IS A LIE』『SENTIMENTAL』と、1st、2ndアルバムそれぞれのアップテンポの曲で、公演の幕が上がると、最初のMCでは、最新アルバムのリード曲『BABY BABY』『SENTIMENTAL』、ソロ曲『I’M YOUNG』の作詞作曲に参加したナム・テヒョンが「新曲を皆さんに本当に聞かせたかったんです!」と意気込みを語り、キム・ジヌは「皆さん、会いたかったよー。今年もまた日本でライブができて本当に嬉しいです。今日は最後までよろしくお願いいたします!」と挨拶。

ソン・ミンホは「WINNERのパワーアップしたスーパーパワー・ラッパーのミノです。僕たちのツアーで、もっともっとアツい夏にしましょうね? よろしくでーす」と自己紹介し、リーダーのカン・スンユンは「今年で3回目の日本ツアーになります。今日は一昨年よりも昨年よりも、もっともっと熱く盛り上がっていきましょう!」と、会場を盛り上げた。

「韓流ぴあ」更新情報が受け取れます

人気記事ランキング

スペシャル動画

ソーシャルアカウント