渡部篤郎、芸人たちのモノマネを笑顔で公認

2012.5.22 13:31配信
(左から)坪倉由幸、松村邦洋、渡部篤郎、山本高広、おおともりゅうじ

映画『外事警察 その男に騙されるな』の公開を記念して、21日によみうりホールで特別試写会が行なわれ、ゲストに主演の渡部篤郎、お笑い芸人の松村邦洋、山本高広、おおともりゅうじ、坪倉由幸(我が家)が登場。本人の前で渡部のモノマネを披露して会場を沸かせた。

その他の写真

本作は、国際テロ捜査を専門に行なう諜報部隊“外事警察”の知られざる活動を描いたサスペンス。渡部は“公安の魔物”と呼ばれる冷酷非情な主人公・住本健司を演じている。

渡部篤郎になりきって登場した松村、山本ら芸人4人は順番に、本作の名ゼリフ「俺は公安の魔物だ」「人の国でやりたい放題だな」「薬漬けにしてくれ…」などを披露。渡部が登場すると、「申し訳ありません、すいませんでした」と一同頭を下げたが、当の本人は「いつも楽しく拝見しています。嬉しいです」と笑顔を見せた。さらに「松村さんのクオリティーは凄く高いですね。山本さんは勝手に作って、一番(クオリティーが)低いな」とダメ出しをする場面もあった。また渡部が「たぶん僕のセリフはよく聞き取れないんだよね。モノマネを見て反省して、ちゃんと滑舌をよくするために学校へ行ったりとかしてるんですよ」と明かす一幕もあり、芸人たちの渡部のモノマネをステージ上で公認した。

最後に渡部は「TVドラマから苦労しながら作ってきて、お客様に観ていただくことで全てが癒されます」とコメントした。

『外事警察 その男に騙されるな』
6月2日(土)より全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング