頭に血がのぼって彼氏と喧嘩してしまったけれど、冷静になったら自分にも悪いところがあるし、謝りたい。

仲直りしたくてLINEを送ったけど、なぜか既読スルーで相手にしてもらえない、なんてことはないですか?

文字でしか気持ちを伝えられないLINEでは、誠意を込めた言葉じゃないと相手には届きません。

彼氏にドン引きされた「喧嘩後のLINE」には、どんなものがあるのでしょうか。

彼氏にドン引きされた「喧嘩の後のLINE」って?

1.「お互いさまだよね」

「仕事が忙しくて会ってくれない彼氏を責めてしまい、『応援してくれないならもういい』と電話も出てくれなくなりました。

忙しいのに理解しなかった私が悪いと思い、『大変なときにわがままを言ってごめんなさい。私もあなたを放置するときがあるし、お互いさまだよね』ってLINEしたら、

『放置するのがお互いさまじゃなくて、忙しいのはお互いさまって言ってほしかった』

と余計にキレた返事がきて、それからLINEもブロックされてしまいました。

これって私がおかしいの!?」(33歳/営業)

「お互いさま」という言い方は、相手も自分も同じと思うときに使いますよね。「放っておく」ことを当たり前にするようなこんな言葉では、忙しさを理解してほしい彼氏にとって「何もわかっていないな」と思われても仕方ありません。

「放置していいって意味で送ったのに」とこちらの女性は話していましたが、それより彼氏がもらってうれしいのは「お互いに仕事を頑張ろうね」という励ましの言葉ではないでしょうか。

2.「○○に連れていって!」

「出不精でいつもおうちデートばかりの彼氏にキレたとき。

『これなら元彼のほうがマシだった』と言ってしまい、怒った彼氏に『じゃあ元彼とよりを戻せば』と部屋を追い出されました。

自分の言葉に反省したし、彼氏にも機嫌を直してもらいたいと思って『さっきはごめんなさい。ふたりでお出かけしたいから、○○に連れていってほしいな』とLINEしたら、

『自分のことばっかりじゃん。俺は人混みの多いところは苦手って言っているのに、ひとりで行けば』

と冷たい返事がきてショックでした。

でも、出不精の彼氏も悪いし、仲直りに連れていくくらいしませんか?」(26歳/サービス)

うーん、彼氏が傷ついたのは元彼と比較されたことであって、まずそこをきちんと謝る姿勢がないと、怒りは収まらないのではと思います。

謝罪すれば何でも許されるわけではなく、何を悪いと思っているのか、これからどう改めるのかがわからないと、言われた側も受け止めるのは難しいもの。

仲直りにお出かけしたいのは自分の気持ちであって、彼氏が今の状態をどう思っているのかを確認することが大事ですね。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます