いよいよ冬本番。衣類は、自然と厚手のものを好むようになってくると同時に、着太り対策が必要になってくるときでもあります。

しかし着太り対策は、着こなしかたのひとつ。

トレンドと共に移りゆくものでもあることから、昔の着こなしは今に合わず、着太り対策も時代に合わせてアップデートが必要なのです。

今の時代にあった着太り対策を知り、まだ真新しい買ったばかりの服を、野暮ったくみせないようにしましょう。

オーバーコーデは色を統一

オーバーサイズの服を着たコーディネート。

かつては、トップス、ボトムスどちらかをオーバーサイズにしたら、どちらかはタイトなアイテムにして、メリハリをつけることが着太り対策の王道でした。

しかし、この王道も含めて、例えばベルトを使ってウエストマークといった、非常に分かりやすいメリハリの見せ方は、今っぽさにかけてしまいます。

じゃあ何かというと、トップス、ボトムスの色を揃えて、さりげなくウエスト位置を高めに、細めに見えるように、色の濃淡や素材の重なり、トップスをinする分量を微調整することで出来上がる着痩せコーディネートが、今っぽさという点では優れているのです。

但し、色選びと素材選び、アイテム選びに注意が必要。膨張色とされる、白やパステルカラーは避け、素材は毛足の長いモヘヤやアンゴラは避けましょう。

アイテムはというと、ニットは、オーバーサイズであっても、編みが細かいハイゲージニットなら、編みが粗いローゲージニットより膨張しにくく失敗がありません。

着痩せにブーツはロングが回帰

ブーツを履いたコーディネートは、かつてはショートブーツやブーティーを履いて、ブーツと同系色のタイツやストッキングを履き、一体感を出しブーツと足元を繋げることが、着太り対策の王道でした。

さて、今っぽさで言うと、ブーツはショートやブーティーよりもロング。

タイツやストッキングでボトムや足元とを繋げるのではなく、丈が長めのスカートを履いて、ブーツの履き口をわざと見せないようにする着こなしが、旬の着太り対策なのです。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます