三菱電機、録画・再生・ダビングが簡単、ブルーレイ3D対応のBDレコーダー「DVR-BZ360」

2012.5.22 19:57配信
DVR-BZ360

三菱電機は、ブルーレイディスク(BD)レコーダー「REALブルーレイ」の新製品として、ブルーレイ3Dに対応するHDD容量1TBの「DVR-BZ360」を6月21日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は9万円前後の見込み。

ひっくり返すだけでテレビとBDレコーダーの両方を操作することができる「くるっとリモコン」で、「録る」(録画)、「見る」(再生)、「残す」(ダビング)が簡単に操作できる。リモコンは、三菱のテレビのほか、シャープ、ソニー、パナソニック、東芝、日立、DXアンテナなど、他社製テレビの操作にも対応する。また、3D対応テレビと接続し、3Dコンテンツを楽しむことができる。

「くるっとリモコン」の「おすすめ予約」ボタンを押して、過去の録画や再生履歴などをもとにしたおすすめのなかから番組を選ぶことで、すばやく録画予約ができる。録画した番組は、リモコンの「見る」ボタンを押して、一覧表示されたタイトルを選択することで再生できる。また、リモコンの「残す」ボタンを押して、一覧表示される録画番組のなかからダビングしたい番組と画質モードなどを選択して「開始」ボタンを押せば、HDDに保存した番組をディスクにダビングできる。

チューナーは地上・BS・110度CSデジタル×2基を搭載し、2番組同時録画が可能。このほか、USB接続の外付けHDDに対応し、本体のHDDの残りが少なくなると、録画した番組を外付けHDDに自動的にムーブし、本体のHDDの残量を気にせずに録画することができる。

また、インターネット接続することで、アクトビラやTSUTAYA TVを視聴することができる。さらに、ホームネットワーク環境を構築すれば、「DVR-BZ360」のHDDに保存した番組を別の部屋のテレビやPCで再生することができる。サイズは、幅431×高さ52×奥行き204mmで、重さは3.1kg。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング