偏りがちな夏の食卓に! “冷やしても美味しい”意外な料理5選

夏の時期の食卓は、そうめんや冷やし中華などに偏りがちですが、夏バテを防ぐためにも色々な食材を摂りたいもの。そこで今回は、普段は熱々で食べるけれど、“冷やしても抜群に美味しい料理”をいくつかご紹介します。

2ebebb4b1e971a7e82938bc9535f4766_s

そうめん、冷やし中華、サラダうどん……など夏は冷たい食べ物が恋しくなる季節。ただ、どうしてもワンパターンになってしまいがち。しかし、夏バテを防ぐためにも色々な食材を摂りたいもの。

だからこそ、いつもは熱々で食べる定番料理を冷たくして美味しく食べる方法をご紹介していきます。

冷やしカレー

56800b4bcfd10c8d9a0f3dce9e86d7cf_s

子供も大人も大好きなカレー。ただ、夏に食べるのは、作る側も食べる側も暑いですよね。そんなときは“冷やしカレー”に!通用のカレーよりもサラっとしているので、食欲のない夏でも食べやすいのです。

スープカレーのように作って冷やしてもOK、温かいカレーのように、ルウから作ってもOK、カレーパウダーでもOKのお手軽冷やしカレー。

冷やしカレーができあげれば、ご飯はもちろんのこと、冷やしうどんや冷やし中華、冷やしそばなどの麺で食べても美味しく食べられます!

簡単な作り方

出来上がっているカレーに、牛乳やだし汁、ヨーグルトいずれかを1人前あたり30ccほど加え、それを冷蔵庫で冷やす。

冷やしラーメン

fd01e65dd8912f1d1ffde90ef024ac3f_s

熱々の麺を「ふーふー」しながら食べるのがラーメンの醍醐味。だた、暑い夏は冷たいものが恋しくなりますよね。

冷やし中華はちょっと甘いし、ざるそばやそうめんよりもパンチのある味が欲しい……なんてときには“冷やしラーメン”がおすすめ。家でも手軽にできるので、ぜひチャレンジしていただきたい1品です!

簡単な作り方

1.インスタントラーメンを指定の時間で茹で、その後ざるにあけ、流水にさらし、水気を切る。

2.軽量カップで200ccの水に粉末スープをよく溶かし、その後に氷を入れ300ccの冷水を作る。

3.器にスープを入れ、水気を切った麺、お好みのトッピングを加える。

*冷やし足りない時は氷を入れて食べるのもOK。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます

やせる・美肌・若返る♪ 注目キレイ術

     

人気記事ランキング

ハピママ* Twitterをフォローしてね

50ママ 総合ニュース&コラム

50赤ちゃん・妊婦ニュース

50子育て・教育ニュース

ソーシャルアカウント