デジカメは「一人1台」から「一家に1台」に逆戻り? ニーズに応えるカタチは一眼か

2016.7.27 13:25配信
デジカメ全体に占めるデジタル一眼の構成比は、過去最高の34.3%に

家電量販店の実売データを集計した「BCNランキング」の過去10年間のデータによると、デジタルカメラ(デジカメ)の年間販売台数は、2010年をピークに減少に転じ、2015年は、2007年以降、最も少なかった。特に、レンズ一体型(コンパクトデジカメ)は落ち込みが激しく、2010年の約4割にとどまった。

レンズ交換型(デジタル一眼カメラ)も、ここ1、2年は伸び悩み、2014年は微増、2015年は初めて前年を下回った。ただ、デジカメ全体に占める構成比は、過去最高の34.3%に達し、うち約4割は軽量・コンパクトなミラーレスタイプだった。販売台数は、およそ6.5対3.5の比率で、コンパクトのほうが多いが、単価が高いため、販売金額は2013年以降、デジタル一眼がコンパクトを上回っている。数年後には台数でも逆転し、カメラといえば、イベント時や記念撮影など、ここぞという時に使う「デジタル一眼」を指すようになるかもしれない。

デジカメはもはや「一家に1台」? 世代によって変わるデジカメの使用経験

デジカメの販売台数が減少した最大の要因は、手軽に撮影できるスマートフォンの普及にあるといわれる。内閣府の調査によると、2人以上の一般世帯のデジカメ普及率は、2016年3月末時点で75.6%。100世帯あたりの保有台数は112台で、1台以上保有している家庭も多いと推測される。普及率は、販売のピークを過ぎた2013年3月末時点が最も高く(77.0%)、直近3年間はやや下落している。

BCNに新卒で入社した20代前半の社員は、自分用のデジカメは持っておらず、両親など、誰かのカメラを借りて撮影した経験しかないと答えた。ふだんは、スマートフォンで撮影するという。数名に、同様の質問を投げかけると、年代によって回答が分かれ、初めて購入した年齢もマチマチだった。デジカメの使用経験・購入経験は、世代を映す鏡の一つとなっている。

10年で普及し切ったデジカメ 値下がりが止まると伸び悩む

コンパクトデジカメの売れ行きは、2012年から2013年にかけて大きく落ち込んだ。iPhoneをはじめとするスマートフォンが本格的に普及した時期と、価格が上昇に転じた時期と重なる。液晶テレビ同様(詳しくは<10年間、進まなかった液晶テレビの大画面化 40型4K登場でついにシフト始まる?>を参照)、コンパクトデジタルカメラの底値は2012年。1万円以下のエントリーモデルが人気を集め、税別平均単価は1万5000円まで下がっていた。その後、国内メーカー各社がラインアップを絞り、高価格帯にシフトし始めたことで、単価の上昇が始まった。

デジタル一眼も、全体の平均単価は2012年が最も低かったが、2010年から本格的に市場が立ち上がったミラーレス一眼と、従来のデジタル一眼レフについて、それぞれボディと交換用レンズがセットになったレンズキットに限って集計すると、ミラーレスのレンズキットは2013年が最も安く、デジタル一眼レフのレンズキットは2012年を底値に上昇に転じた。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング