ソフトバンクBB、ブルーライトをカットするiPhone 4S/4用液晶保護フィルム

2012.5.23 19:8配信
ブルーライトガードフィルム for iPhone 4S/4(イメージ)と、ブルーライトガードを低減する仕組み(右下)

ソフトバンクBBは、「SoftBank SELECTION」ブランドで、液晶画面のまぶしさやちらつきの原因とされる「ブルーライト」を低減する液晶保護フィルム「ブルーライトガードフィルム for iPhone 4S/4」を、5月25日に発売する。価格はオープンで、「SoftBank SELECTIONオンラインショップ」での販売価格は1880円。

スマートフォンやテレビ、PCなどの液晶画面が発するブルーライトは、可視光線のなかで最も強く、目の網膜にまで届く直進性の強いエネルギーをもち、目に悪影響を及ぼす恐れがあるといわれている。このブルーライトを約18.5%低減し、画面のまぶしさやちらつきを抑制して、目への負担を和らげる。ブルーライトをカットするだけでなく、色調の変化を極力抑え、自然に見えるよう設計した。一般的な液晶保護フィルム同様、傷や汚れからも保護する。

対応機種は、アップルのiPhone 4S/4。サイズは幅約55.1×高さ111.6mm。クリーニングクロスが付属する。なお、薄い黄色のフィルムの特性上、背面や画面がホワイトの場合、黄色く見える場合がある。

アジアICT業界のリサーチ・コンサルティングを展開する調査会社ROAの調べによると、5月23日現在、スマートフォン向け液晶フィルム国内販売上位30社(2012年3月)のなかで、こうしたブルーライトカット機能を備えたスマートフォン向け保護フィルムは日本初という。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング