テックウインド、ボブ・マーリーの名前を冠したオーディオブランドが日本上陸

2012.5.23 19:11配信
「THE HOUSE OF MARLEY」のヘッドホン

テックウインドは、5月22日、米国のヘッドホン・イヤホンブランド「THE HOUSE OF MARLEY」を国内で展開すると発表した。Apple Storeで販売する。

「THE HOUSE OF MARLEY」は、レゲエの神様といわれる故ボブ・マーリー氏の名前を冠したオーディオブランド。ボブ・マーリー氏の息子、ローハン・マーリー氏がプロモートを担当する。 発表会に合わせて来日したローハン・マーリー氏は、「エコ、ライフスタイル、そしてクオリティの三つがコンセプト。材木や再生可能なアルミニウム、コットンなどの素材を採用したエコ・フレンドリーな製品で、売上げの一部を慈善団体・事業に寄付する」と説明した。

ラインアップは、若年層向けでカラフルなデザインの「Jammin'」、モダンなデザインに上級なサウンドを追求した「Freedom」、プロフェッショナルクラスのオーディオパーツを使ったハイエンドライン「Destiny」の3シリーズ。 「Jammin'」シリーズからは、iPod/iPhoneドックつきのステレオスピーカーシステムをバッグに収めたポータブルサウンドシステム「Bag of Rhythm」を発売する。4.5インチ高出力ウーファー2基と1インチツイーター2基を搭載する。実勢価格は3万4800円前後の見込み。

「Freedom」シリーズからは、オンイヤー型ヘッドホン「Stir It Up」を発売する。で、10mmムービングコイル式超小型スピーカーを採用し、フロントやリアハウジングには木材を、ストレインリリーフには再生プラスチックを使用している。実勢価格は1万9800円前後の見込み。

「Destiny」シリーズからは、本格ヘッドフォン「Trenchtown Rock」を発売する。リサイクル可能なアルミニウムを全体的にあしらい、長時間快適に使用できるようにイヤーパッド部分には超ソフトレザーを、ヘッド部分は軽量パッドを採用した。実勢価格は2万9800円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング