富士フイルム、四つのタフネス機能を備えたコンパクトデジタルカメラ「FinePix XP50」

2012.5.23 19:10配信
FinePix XP50

富士フイルムは、防水、耐衝撃構造、耐寒、防塵の四つのタフネス機能を備えたコンパクトデジタルカメラ「FinePix XP50」を、6月9日に発売する。カラーは、オレンジ、シルバー、グリーンの3色。価格はオープンで、実勢価格は2万円前後の見込み。

35mmフィルム換算で28~140mm相当のフジノン光学式5倍ズームレンズと、有効画素数1440万画素のCMOSセンサを搭載。防水・防塵の保護規格であるIP68に準拠し、水深5mまでの防水、高さ1.5mからの落下に耐える耐衝撃構造、-10℃までの耐寒、砂やホコリの侵入を防ぐ防塵という四つのタフネス機能を備える。さらに、レンズには撥水加工を施し、屋外でのレジャーシーンでも安心して撮影を楽しめる。

解像度1920×1080のフルハイビジョン動画撮影に対応。CMOSセンサを生かした最速で毎秒10コマの静止画高速連写や、最速で毎秒240コマのハイスピード動画撮影ができる。手ブレ補正機能は光学式。

反射防止加工を施した高輝度モニタで、強い日差しの下でも画像の確認ができる。また、視認性を保ちながら、周囲の光量に合わせてモニタの明るさを調整する自動輝度補正機能を備える。

高感度で連写し、高度な位置合わせ技術によってカメラ内で1枚の画像に合成する「連写重ね撮り機能」を搭載。手ブレを軽減して画像を重ねる効果でノイズを消し合って、暗いシーンや望遠撮影時でもクリアで美しい画像を撮影できる。さらに、撮影した写真や動画を、面倒な設定なしでYouTubeやmixi、FacebookなどのSNSサイトにアップロード予約できる。

このほか、撮影した画像から好みの画像を選んでグルーピングし、本体の液晶画面上で閲覧できる「電子フォトアルバム」機能(フォトブックアシスト)や、360°のパノラマ写真を簡単に撮影できる「ぐるっとパノラマ360」を備える。

さらに、「人物」「風景」「夜景」「マクロ」「逆光&人物」「夜景&人物」の6種類から、撮影シーンを自動的に認識してシーンに合った撮影条件を設定する「シーンぴったりナビ」と、顔検出機能「顔キレイナビ」で、人物をきれいに撮ることができる。

対応メディアは、SDXC/SDHC/SDカードで、内蔵メモリは約95MB。サイズは幅99.0×高さ67.8×奥行き25.6mmで、重さは約175g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング