「これまでの日本映画とは違う」映画『ケンとカズ』海外が注目した3つのポイント

2016.7.30 10:30

昨年の東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門で作品賞を受賞作「ケンとカズ」が、まもなく公開される。日本外国特派員協会で行われた海外特派員向けの記者会見から、その魅力を探ってみました。

©「ケンとカズ」製作委員会©「ケンとカズ」製作委員会

昨年の東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門で作品賞を受賞、その後各国の映画祭で注目を浴びた小路紘史監督の長編デビュー作『ケンとカズ』が730日(土)より公開されます。

それに先立って日本外国特派員協会にて記者会見が行われた。

海外の記者たちは、この鮮烈なインディペンデント映画をどう見たのでしょうか?

IMG_0088

これまでの日本映画とは違う、圧倒的にリアルな描写

海外記者たちの推薦により、インディペンデント映画としては異例の海外特派員向けの記者会見が行われた映画『ケンとカズ』。

自動車修理工場で働きながら、暴力団の下請けとして覚せい剤の密売をしている2人の男・ケンとカズ。

高校時代から互いに支えあって生きている2人の男ですが、ケンに家庭ができたことから、友情に亀裂が生じ始めます。敵対グループとの抗争や家族との関係など、一見よくあるストーリー展開。

しかし、単なるバイオレンス映画ではなく、リアルな人間ドラマへと昇華させているのです。

©「ケンとカズ」製作委員会©「ケンとカズ」製作委員会

外国人記者からは「これまでの日本映画とは異なる、圧倒的にリアルな描写に感動した。どうして、このような映画ができたのか?」ということに質問が集中しました。

これに対し小路監督は「もともと日本映画はあまり見ておらず、海外、特に韓国映画、ポン・ジュノやキム・ギドクのリアルな暴力描写に影響を受けた。

それにはリアルなロケーションが不可欠だと感じ、自分が実際に暮らしている千葉県市川市の街をくまなくロケハンした」と返答。

これに対し海外記者たちは「マーティン・スコセッシの『ミーン・ストリート』(監督が生まれ育ったニューヨーク・リトルイタリーが舞台)と似た印象を受けたのかも」と納得していました。

IMG_0095 小路監督

いま人気の動画

     

人気記事ランキング