不倫相手とのデートは独身男性とのそれよりもスリリングでドキドキするもの。既婚男性は独身男性よりも心に余裕があり、大人の恋を楽しめるとあって、不倫の沼から抜け出せない女性は少なくないようです。

ただ、不倫をする男性のなかには、その場限りの遊びを楽しんでいるケースも多いので、深入りしすぎてしまうと自分が傷つくだけなんてことも……。

さらに、2人の関係が相手の家族にバレてしまうと、離婚、不倫相手と奥さんとの関係が悪化、離婚による慰謝料や養育費を抱えるなど数多くのトラブルを招くことになります。

どうせ不倫を楽しむなら、トラブルは極力回避したいものですよね。

そこで今回は、不倫癖のある人や、不倫経験者から聞いた不倫の証拠隠滅方法など、不倫がバレない5つのコツについて紹介します。

現在、既婚男性と絶賛不倫中の女性達は、ぜひ以下で紹介した内容を参考にして、不倫にまつわるトラブルを回避して下さいね。

経験者達がこっそり明かす、不倫がバレない5つのコツ

1.連絡はLINEではなくGmailを使用

筆者の知人男性で、不倫相手との連絡にはLINEや電話を使わず、Gmailを活用している人がいました。他には、TwitterやインスタグラムなどのSNSのメール機能を活用している人もしばしば。

LINEや携帯に登録されているメールだと、届いた瞬間に画面に通知が届いてしまうため、どうしてもバレやすいリスクがあります。

さらに、LINEや携帯メールだと、家族が不審に思ってこっそりチェックされた時にバレてしまうなんてことも……。

連絡手段をLINEや携帯メール以外のアドレスにすれば、2人の関係がバレることを極力回避することができます。

2.デートは遠方や、人気のない場所を選ぶ

不倫癖のあるA子は、デートをする時は決まって遠方に出かけるのだそう。なんでも、2人のことを誰も知らない場所で会うことで、より関係がバレないようにするのだとか。

また、デート時は男性に出張と嘘をついてもらっているそうです。

デート先も、他県の温泉や、もしくは人気のなさそうな静かなエリアをチョイスして、なるべく人目に触れないようにするとのことでした。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます