超簡単、熱中症予防にも!ジップロックでできる「キウイスムージー」の作り方

熱中症対策として、自然の食材の中で注目したいのが、夏に多く出回る「キウイフルーツ」。ジップロックで簡単に作れる「キウイスムージー」で、必要な栄養素を手軽に取るように心がけましょう。

c56f2580b8e1ffa7a88bd89bea6a3f8f_s

立ち上がった瞬間、クラッとめまいが・・・なんてことありませんか?

暑さに負けないからだを作るには、まず、日々の食事や軽めの運動で体力を維持するのが基本。

そして、夏場の栄養補給にぴったりなスムージーを飲めば、鬼に金棒です!

尿の色が濃ければ水分不足、薄ければ塩分不足

エアコンの中にいると気づきにくいのですが、人は睡眠中に多くの汗をかいているほか、尿や便、肌の表面などからも、体内の水分は常に失われています。

熱中症を予防するためには、水分と塩分のこまめな補給が大切。では、水分や塩分はどれくらい摂ればよいのでしょうか。

管理栄養士の足立香代子氏によると、からだに必要な水分や塩分がきちんと足りているのか、手軽に確認できるのがトイレでの“尿チェック”。尿の色や排尿の頻度によって、体内の状態がわかるといいます。

「尿の色が“濃い黄色”のときは、水分不足で体液が濃くなっており、“無色・透明”の場合は塩分が不足している」。
また、「排尿の回数が1日6~7回より少なければ、水分が足りていない」。

水分と塩分に加え、糖、カリウム、マグネシウム、カルシウムも補給を

汗をかくと、体内のミネラルも一緒に排出されます。失われた分はすみやかに補給しないと、からだのシステムがうまく機能しなくなってしまいます。

「熱中症の予防のためには、水分補給と同時に、『糖・塩・カリウム・マグネシウム・カルシウム』の補給が必要です」。

これら5つの栄養素をすべて含んでいるのが“点滴”で、経口補水液、スポーツドリンクといった飲料類にも、同様の成分が含まれているそう。

そして、自然の食材の中で注目したいのが、夏に多く出回る「キウイフルーツ」。

水分のほかに糖、カリウム、マグネシウム、カルシウムが含まれているため、キウイフルーツに塩を加えるだけで、「点滴と同じ栄養成分の“食べる点滴”を作ることができます」。

ジップロックでできる「キウイスムージー」で、必要な栄養素を手軽に

そんなキウイフルーツの摂り方として、足立氏がオススメするのが、ジップロックの中にキウイ、塩、水を加えて、手でもみもみするだけで作れる「キウイスムージー」。

用意するのはこれだけ。
・キウイ 1個
・塩 約1g(親指・人指し指・中指でひとつまみ)
・水(コップ半分~1杯程度)
・ジッパー付きのビニール袋


<作り方>

(1) キウイの皮をむき、ざっくりカットしてジップロックに入れ、手でもみつぶす

 

(2)塩を加えて混ぜる

 

3)水をいれて混ぜ、できあがり

 



超簡単です。ぜひお試しください。

杉並区に暮らす家食系ライター。編集・広告制作などの仕事の傍らフードコーディネータースクールや料理教室に通い、料理制作アシスタントや撮影スタイリングなど食の現場で修業を積む。仕事を通して人々に小さな幸せを届けることをモットーに「楽しくラクして健康を保つ」ための情報を収集中。趣味はプチ社会貢献。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

超簡単♪ モテ声&小顔・デカ目美容術

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント