室井滋『ファインディング・ドリー』の大ヒットに大喜び くすだま割で先走り“ドリー化”の進行を明かす

2016.8.1 16:25配信
先走ってくす玉を割ってしまった室井滋

 映画『ファインディング・ドリー』大ヒット御礼舞台あいさつが1日、東京都内で行われ、日本語吹き替え版で声優を務めた室井滋、子役の菊地慶、青山ららが出席した。

 前作『ファインディング・ニモ』の冒険から1年後の世界を描いた本作で、主人公のドリーを演じた室井は「皆さん見てくれたんだと思うとここに立っているだけで泣きそう。胸がいっぱいです」と語り、「本当にすごいです。毎日そわそわしてしまって、私のところにもたくさん手紙が届くし、幸せな日々を送っています」と明かした。

 また、大ヒットを祝うくす玉を割り、出てきた言葉にちなんだトークを行うという司会者の説明の途中で、室井のくす玉が割れてしまうハプニングも。室井は「あ、すいません。待ちきれなくて出しちゃいました」と大慌て。「(ドリーのように)忘れ物はあまりしないけどちょっとおかしくて。道にも迷うし、居酒屋に行ってもカウンターの隣の人のものを食べちゃったり、ドリー化していると思う」と笑わせた。

 ベビー・ドリー役の青山は声優初挑戦。「ちょっと難しかったけど楽しかったです。ドリーが大好きです」とかわいらしくあいさつし、ニモ役の菊地は夏の思い出について「パパと2人で野球を見に行ったことです」と語った。室井は「最初は小さいドリーも私がやるのかと思って声を練習していったのですが、やっぱり本物にはかなわないと思いました。本当にかわいかった」と振り返った。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング