(4位)指原莉乃
拡大画像表示

ここで意外な健闘(と言ったら失礼ですが)を見せたのが、4位の指原莉乃。開票速報が生中継されていた、ある映画館では笑い混じりの拍手が起こっていたとも聞きます。

昨年は速報7位から最終結果9位。今年も同じように指原票が伸びを見せなければ、5位・高橋みなみから8位・松井珠理奈までは小差の混戦模様なだけに、上位戦線はかなり荒れそうです。

松井玲奈
拡大画像表示

上位7人の、俗に言う「神の7人(=前田、大島、高橋、渡辺、篠田麻里子、小嶋陽菜、板野友美→柏木)」に入るのは前田の不出馬によって、板野の復活が妥当かと思われましたが、ここで7位に飛び込んできたのがSKE48の松井玲奈です。

横綱・大島+大関6人の「神の7人」を抜いて、平幕優勝…などという先場所の大相撲同様のことが起こるとしたら、AKB総選挙界の旭天鵬は松井玲奈か!? そんなSKE48ファンの夢想もひとしきりなのです。

松井珠理奈
拡大画像表示

そんな彼女の盟友・松井珠理奈も昨年の最終結果14位から、今回の速報8位と躍進。「神の7人」入りも決して夢ではない位置にいます。

ほかに、現在は11位ですが、昨年も速報10位から最終結果6位と伸びを見せた小嶋。
一昨年の圏外から昨年の19位、そして今回の速報12位と着実に順位を上げてきている横山由依。
昨年のアンダーガールズ・センターの22位から、選抜圏内に入ってきた梅田彩佳。
といったところが、上位陣の動きとしては見逃せないところでしょうか。

横山由依
拡大画像表示
梅田彩佳
拡大画像表示
「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます