【MYNAME】“パフォーマンスのMYNAME、ここにあり” 激アツのサマーライブを徹底レポート!

7月25日に日本デビュー4周年を迎えた韓国出身の5人組ボーイズグループ・MYNAME(マイネーム)のサマーライブ「MYNAME 2016 SUMMER LIVE~2nd Story~」の一部をレポートでお届け!

MYNAME ©TIMO Japan

7月25日に日本デビュー4周年を迎えた韓国出身の5人組ボーイズグループ・MYNAME(マイネーム)が7月30日、千葉・舞浜アンフィシアターにて「MYNAME 2016 SUMMER LIVE~2nd Story~」を開催、暑い夏を、アツいパフォーマンスでより一層盛り上げた。

もともと、『シルク・ドゥ・ソレイユ』が使用していた、半円形のオープンステージをすり鉢状の客席がとり囲む、どこにいても“お得感”ある作りの会場。フロアはイエローとブルーのオリジナルペンライト持つたくさんのファンで埋め尽くされ、スタート前から熱気が充満していた。

14時、1部のライブがスタート。一曲目はセヨンが振り付けを担当した『Hocus Pocus』。イントロが流れ、3階建てのセットの最上段に5人の姿が現れると、早速黄色い声援が響いた。

曲の途中には、ダンサーとメンバーがドミノのように並び腕でウェーブをする振り付けも。そして『Anonymous』『Baby I’m Sorry(Japanese ver.)』『Klick』と躍動感のあるナンバーを畳み掛け、「パフォーマンスのMYNAME ここにあり!」を見せつける。特に『Klick』では、ジュンQのセクシーな表情に「こんな顔も持っていたのか」と驚かされた。

「韓流ぴあ」更新情報が受け取れます

人気記事ランキング

スペシャル動画

ソーシャルアカウント