ダイヤテック、セミオーダーメイドキーボードのサイト「FILCOキーボード工房」をオープン、個性溢れる一枚をつくろう!

2012.5.24 18:58配信
「FILCOキーボード工房」でオーダーできる「銀鏡塗装」(左)と、「水圧転写 ウッド調(ブラック)」「水圧転写 カーボン調(レッド)」

ダイヤテックは、5月24日、セミオーダーメイドキーボードの販売サイト「FILCOキーボード工房」をオープンした。

専用に用意した8種類のオリジナルアッパーフレームと、日本語/英語などのキー配列、打鍵感の異なる4種類のキースイッチを自由に組み合わせることで、オリジナルのキーボードを作ることができる。注文が入ってから商品を組み立て、在庫切れの場合を除き、1週間以内をめどに発送する。価格は1万4800円から。

オリジナルアッパーフレームは、「銀鏡塗装」(ダークメタリック)と「水圧転写 ウッド調」(ブラック/レッド/ブルー)、「水圧転写 カーボン調」(ブラック/レッド)、「水圧転写 ストーン調」(ブラック/レッド)の8種類を用意。塗装を施し、ツヤと耐久性にすぐれた高硬度ポリウレタンコーティングで仕上げる。

キー配列は、「日本語配列(フルサイズ/テンキーレス)」「英語配列(フルサイズ/テンキーレス)」の4種類、キー印字は「上面印字」「前面印字」の2種類、キースイッチはZF Electronics製(旧Cherry)の「MX茶軸(tactile feel)」「MX黒軸(linear)」「MX青軸(click tactile)」「MX赤軸(linear)」の4種類で、最大で256種類の組み合わせを実現している。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング