cfd73edd81afcf31fb2b5c37d58d2a7d_s

既婚男性の74.0%が不倫経験者、つまり、夫の4人に3人が一度でも不倫をしたことがある――。なんとも衝撃的なデータが明らかになりました。7月15日に発売された、各種データを元に不倫の実態を浮き上がらせた本『大人の「不倫学」』(著・森川友義)で、インパクトのある数字が明らかになっています。

とくに2016年は不倫に関するニュースが数多く報道され、注目を集めてきましたが、そもそもなぜ人は不倫に走るのでしょうか。不倫を食い止める方法はあるのでしょうか。今回、不倫経験のある男性に話を聞き「夫を不倫させないコツ」を導き出してみました。

1:家を癒やしの場所にする

「家庭に癒やしがなくなって、不倫をしたことがあります。相手の女性は優しくて、会う度に褒めてくれて、自分を認めてくれる感覚があり、そこに溺れてしまいました。帰りたくなるような家であれば、リスクの高い不倫なんてしないと思うんですけどね」(43歳/PR)

家がくつろげない場所になってしまった場合、癒やしは外に求めるしかなくなります。ただでさえ、妻以外の女性を「新鮮」に感じてしまうのが男性。そこにツンケンした妻とは真反対(?)の癒やし要素が加わると、たちまち恋に落ちてしまう可能性も。

2:セックスレスにならないようにする

「2番目の子ができてから妻とはセックスレス。もともと性的なことにあまり興味がないようで、結婚後も子どもを作るためのセックスしかしてこなかったんです。回数にすると10回もないと思います。

ぼくがしたいと思っても基本的に断られますから、しばらくは諦めていたのですが、あるとき今の相手と出会いそれからは不倫関係です。セックスに関する考え方が近い者同士が結婚すれば、不倫は少なくなるんじゃないかと思いますね」(36歳/IT)

どちらかが「(セックスを)したい」、どちらかが「したくない」では、どうしても不満が生じてしまいます。結果、外で性欲を解消……という流れに。とはいえ「したくない」側が「したい」側へと変わるのは、難易度がかなり高めかも。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます