仕事

悩み3:「仕事で、上司に評価されません。」(36歳・会社員)

女性のほうが集中力があって優秀な人が多いと思うんです。まだまだ女性が働くときに、出世できなかったり理不尽なことがあったりすると思う。だからこそ、頑張ってるのにどうして評価されないのかな?ってくやしいんでしょうね。

女性が、SNSで自分の話や悩みを真夜中につぶやいて、友達に「がんばってるよ!」「見てるよ」「今度ごはん行こう」と励ましてもらっているのを、よく目にします。でも、職場や他の誰かを責めるような不幸自慢は、良くないかなって思います。

9

微熱自慢もよく見ますね。

10

不特定多数の人が見ているSNSでストレス発散するって結構怖い。自分では、相手にわからないように悪口を言っているつもりでも、結構ばれるものですよ(笑)。あと、愚痴を言ってる人は、うまくいっていない原因はこの人にもあるのかな、と思われて損してるかもしれない。

ネガティブなことばかり書く人より、「大変だけど頑張る」とか、明るい写真をアップする人が好きですね。

11

私の言ってることって、基本的に同じです。ポジティブにいよう、人に迷惑をかけないようにしよう、っていう気持ちを、違和感ある日常を組み合わせて、いろんなテイストのイラストやことばで伝えているんです。

12

私は少し細かいところがあり、他人が立てる物音や、喋り声などがよく気になってしまいます。自分の生活に、あまり人に立ち入ってほしくない瞬間があったり、人前に出たりするのも苦手な方です。

だからこそ身の回りで起こる気になることや面白いことに気付きやすいのかもしれません。
また、私がひまわりみたいに明るい人間だったら、一日5枚も描き続けられないと思う。

ですので、自分が好きなイラストで評価していただけるのは嬉しいし、せっかくなら、喜んでもらえるものを描こうと思ってます。

13

これまでインスタグラムに投稿してきたイラストから厳選した300点を掲載した初の書籍『あるあるカオス劇場 人生1コマファンタジー』(KADOKAWA/エンターブレイン)を7月30日に発売。

1981年、鹿児島県生まれ。朝日新聞社メディアラボ勤務。こども向け教育関連ビジネス開発「朝日こどもニュース」などに携わる。IT×教育について研究するため 熊本大学大学院に在学中。現在、ハフィントンポストなどのWEBメディアで記事を執筆中。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます