“言葉の発達”が遅くなる!? 赤ちゃんにNGな家庭の騒音環境とは

子どもの成長には家庭環境が大きく影響してきます。今回は、赤ちゃんのうちは、周りの雑音が赤ちゃんの言葉の発達を阻害するというアメリカの大学の研究から、赤ちゃんのための家庭環境について、特に言葉の発達という点を中心にお話します。

ea8d1ec62ab5e3296445dbb085f865ed_s

オギャーと生まれてこの世に出た途端、赤ちゃんは様々な未知の音を耳にすることになります。

そんな中で、赤ちゃんは言葉をピックアップして覚えていくわけですが、赤ちゃんの言葉の発達を妨げる環境があります。

今回は、『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』(彩図社)の著者で、日本・欧米いいとこどり育児を提唱する平川裕貴が、どんな環境が、赤ちゃんの言葉の発達を妨げるのかアメリカの研究をもとに、お話したいと思います。

BGMならぬBGNとは

大人であれば、BGMが仕事の効率を上げてくれるということもありますね。耳に心地よい音楽は、精神を落ち着かせ集中力を高めてくれたりします。

筆者もパソコンに向かって仕事をする時や、自分のあまり得意でない仕事をする時、また掃除や草むしりなどは音楽を聴きながらやります。

BGMは良い効果をもたらすことが多いです。

ところが、BGNとなると違います。Nとはnoise(騒音)、周りの騒音ということです。

テレビやビデオなどを見ていて、騒音にセリフがかき消されてイライラしたことはありませんか? また、うるさい場所では、なかなか仕事や勉強に集中できませんよね。

大人でも、周りの騒音には、イライラさせられ、集中力が削がれるものです。

これが、これから言葉を覚えようという赤ちゃんならどうでしょう?

BGNが与える悪影響

米ウィスコンシンマディソン大学の研究では、うるさい環境にいる子どもは、新しい単語を覚えるのに苦労する、また、精神的にもストレスホルモンのレベルが高くなると言います。

大学の実験には、22カ月から30カ月の、ちょうど言葉をどんどん覚えていく時期の幼児106人が参加しました。

実験では、子ども達に馴染みのない物の名前を認識させるテストをしました。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます

やせる・美肌・若返る♪ 注目キレイ術

     

人気記事ランキング

ハピママ* Twitterをフォローしてね

50ママ 総合ニュース&コラム

50赤ちゃん・妊婦ニュース

50子育て・教育ニュース

ソーシャルアカウント