{赤ちゃんとおっぱい}授乳・ミルク・夜泣き…ママの悩みを徹底解決!

心地よい“母乳育児”のために! 先輩ママたちが語った「さく乳」をしてよかった10のこと

母乳育児に欠かせない「さく乳」。それでも日本でも実施率は世界より低いのだそうです。なぜ日本ではさく乳が浸透しないの? 母乳育児ってみんなどうしてるの?

5456982342935

タンパク質、脂肪分や乳糖、ビタミン類、ミネラル、塩分、ホルモン、酵素が含まれ、栄養価が高い母乳。さらに初乳には免疫物質が多く含まれ、赤ちゃんにとって大切な「初めての栄養源」といえます。

今回は、ママやパパの授乳に関する想いや体験談などについて、育児用品のピジョン株式会社ピジョンの母乳育児情報サイト「ぼにゅ育(ぼにゅいく)」を参考に、ご紹介しましょう。

8割以上のママは母乳育児を希望している!

sakunyu2 ピジョン プレスリリースより

日本・中国・アメリカ・インドネシアの4ヵ国にて生後0~11カ月の乳児を育てるママを対象に行った「授乳に関する調査」によると、日本・中国・アメリカの3ヵ国では8割以上のママが「母乳で育てたい」と考えているという結果が分かりました。

日本ではというと、実際に直母で授乳する割合は8割超となるものの、母乳育児をアシストする「さく乳」についての実施率はわずか13%に留まることが分かりました。

これに対し他国の実施率は中国79%、アメリカ64%、インドネシア62%と、日本に比べると非常に高い状況であることが分かりました。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます

やせる・美肌・若返る♪ 注目キレイ術

     

人気記事ランキング

ハピママ* Twitterをフォローしてね

50ママ 総合ニュース&コラム

50赤ちゃん・妊婦ニュース

50子育て・教育ニュース

ソーシャルアカウント