(前列左から)水沢林太郎、野村大貴、豊田裕大、(後列左から)鈴木仁、成田凌、清原翔、宮沢氷魚

 「第34回 新メンズノンノモデル発表式」が18日、東京都内で行われ、俳優でメンズノンノモデルの成田凌、清原翔、宮沢氷魚、鈴木仁ほかが登場した。

 これまで、田辺誠一、東出昌大、坂口健太郎を輩出するなど、人気俳優の登竜門となっている雑誌『メンズノンノ』モデル。発表式では同誌の新モデルが発表され、「グランプリ」を俳優・沢村一樹の長男の野村大貴、「準グランプリ」を水沢林太郎、「ラボ シリーズ賞」を豊田裕大が受賞した。

 「グランプリ」を受賞した野村は「僕かあ、とは思ったんですけど、なぜ僕なんだろう?という感じではありません。このために頑張りました。グランプリに恥じない活躍を見せたいです」と今後の活躍を誓った。

 「お父さんの沢村一樹さんは(受賞について)何か言っていた?」と聞かれると、「父は芸能界を勧めているわけではなかったんですけど、やりたいことをやりなさいと応援してくれています」と答えた。

 先輩モデルの成田は、受賞者3人の印象について、「みんなカッコいいなと思いました。僕は専属モデルになってから2カ月ぐらい仕事がなかったけれど、たぶん速攻で仕事があると思うので、本当に即戦力だなと思います」と語った。

 また「僕らモデルは友達でもなく家族でもない、一生つながっていく特別な関係性になるので、それぞれの良さをどんどん伸ばしていって、楽しく頑張っていきましょう」と、笑顔でアドバイスを送った。

 一方、退出間際に成田に向かって「映画で共演経験のある沢尻エリカさんが逮捕されましたが」との質問が飛んだが、成田はコメントせず降壇した。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます