アプリの画面イメージ

クロス・コミュニケーションは、iPhoneで撮影した好きな写真をAR(拡張現実)にできる無料アプリ「PicSTAR(ピクスター)」の提供を開始した。

ARを活用したプロモーションが注目されるなか、より多くの人にARを身近なものとして楽しんでもらうことを目的にスマートフォン向けにアプリを提供する。すでにAndroid版を配信している。

アプリ上でiPhoneの画像を選択し、画像を読み取ってからスマートフォンのカメラを専用マーカーにかざすと、AR(拡張現実)になる。マーカーは1000円札で代用できる。

AR画像は、Facebookで公開することができる。今後は、生成したQRコードをメールで受信できる機能や、画像をアプリ上でデコレーションできる機能などを提供する予定。対応OSはiOS 4.3以上。Android版は、Android 2.2以上。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます