大相撲の「遠藤と間違われた」 ロバート秋山、四股名「秋盛」に“改名”?

2016.8.11 15:18配信
 雄叫びを上げて四股を踏んだ秋山竜次

 「はっきよいKITTE土俵開き」イベントが11日、東京都内で行われ、振分親方(元高見盛関)とお笑いトリオのロバート(秋山竜次、山本博、馬場裕之)が登場した。

 この日、着物姿にセカンドバックという“力士スタイル”で登壇した秋山は、振分親方に続き「取分(とりわけ)と申します」とノリノリで自己紹介。振分親方も「確かに両国あたりにいそうな感じ」とそのなりきりぶりに太鼓判を押した。

 普段から「髪の毛とか全体的な雰囲気が(力士の格好に)似合うと言われる」という秋山は、「浴衣姿で海外ロケをしたりすると、海外の方に力士と勘違いされて写真を撮られることもある」と照れ笑い。

 また、力士の逸ノ城や遠藤にも「似ている」とよく言われるそうで、「実際に間違えられたこともある。名古屋のスーパー銭湯に行った時に、館内着を着ていたら、おじいさんに『おおい、遠藤!』って声をかけられちゃって…。ちょうどその時、名古屋場所をやっていたので(本人が)来たと思ったみたい」とエピソードを披露した。

 その時は、おじいさんから「遠藤、実際に見たら…(小さいな)。もっと大きくなれ」「(相撲界を)背負っていくんだからもっと強くなれよ!」などと叱咤激励されたそうで、「あまりの熱意に『違います』って言えなかった」と秋山。これには山本も「遠藤さんとしてやり切ったの?」と呆れ顔だった。

 そんな秋山に、この日は振分親方が四股(しこ)名を命名することに。「自分の現役時代の四股名も合わせて、秋盛(あきざかり)でどうですか?」と提案された秋山は「“盛”をいただいていいんですか? 秋に暴れまくるようなやつでしょ!?」と大喜びだった。

 会場ではこのほか、四股パワーを測定し、番付検定をする「チャレンジ!四股力測定」も実施。足を上げドスンと四股を踏んだ山本には「関脇級」の判定。一方、おなじみの“気合入れ”から始めた振分親方は、タイミングがずれてしまい「序の口級」というまさかの結果に。最後に「ウォー!!」と悪魔のような雄叫びを上げて挑んだ“秋盛”も「序の口級」の判定で、観客の笑いを誘っていた。

 相撲の魅力を体感できる夏イベント「はっきよいKITTE」は、都内のJPタワー商業施設「KITTE」で11日~28日に開催。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング