SixTONESジェシー「普段の僕はばかなので…」 特殊能力を持つ高校生を演じる

2016.8.15 16:26配信
(左から)小西成弥、根本和政監督、前田航基

 映画『バニラ ボーイ トゥモロー・イズ・アナザー・デイ』の完成披露試写会が15日、東京都内で行われ、出演者のジェシー、松村北斗、田中樹、小西成弥、前田航基、根本和政監督が出席した。

 本作は、ジャニーズJr.内のグループSixTONES(ストーンズ)のジェシー、松村、田中が初主演を務めるSF青春映画。

 本人は気づいていないが“バカフライエフェクト”と呼ばれる世界を揺るがす特殊能力を持つ高校生の太田和毅(ジェシー)を主人公に、NSA(米国家安全保障局)やテロリストを巻き込んだ騒動をコミカルに描く。

 この日は、一同劇中と同じ“学ラン”を着て登場。天然な一面を持つ主人公についてジェシーは「和毅はほぼ僕なので演じやすかったです。和毅は頭が良いけど、普段の僕はばかなので、そこは抑えてやりました」と語った。

 松村と田中もそれぞれ自身との共通点が多かったという。和毅の幼なじみで秀才の秀太を演じた松村は「ライブとか普段のバラエティーとかを見ていると『北斗だな』と思うシーンがちらほらあると思うし、僕のことを知らない人は『松村ってこういう人だな』って分かる役でもあると思う」とコメントした。

 同じく和毅の幼なじみで身体能力に優れた英男を演じた田中も「この作品は最高にくだらないけど、それを俺らが真面目にやっているところが面白いです。普段の生活では起きないことがあったりと、結構はちゃめちゃになっていると思います」と見どころをアピールした。

 また、後半の舞台となる沖縄ロケの話題では、撮影中に前田と小西が同室だったエピソードを紹介。前田が「ジェシーくんがこっちに来てくれて一緒に踊ってくれて…」と語ったが、小西は「音楽をかけて全力で踊り出して、めちゃくちゃうまくて面白かったけど『すごいなー』ぐらいしかないから」と反応に困ったことを明かして、ジェシーを慌てさせた。

 イベントの最後には登壇者を代表してジェシーがマイクを握り「もしかしたら2、3、4と続くかもしれないので、公開したらよろしくお願いします」と続編の製作に期待を抱かせ、ファンの歓声を浴びた。

 映画は9月3日からTOHOシネマズ 新宿ほか全国ロードショー。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング