離婚のショックから立ち直るには? 科学が立証した「破局と感情」に関する6つの事実

ものごとには、始まりがあれば終わりもあります。結婚もそうで、死が2人を分かつこともあれば、様々な理由で離婚を選択するケースもあります。今回は「別れ」の感情的な余波について、科学的に立証された“ゆるぎない6つの事実”を、海外の研究結果を参考にご紹介します。

0_shutterstock_259627334

ものごとには、始まりがあれば終わりもあります。結婚もそう。死が2人を分かつこともあれば、様々な理由で離婚を選択するケースもあります。

厚生労働省の統計によれば、平成26年の離婚件数は222,107組。約220秒に一組が離婚している計算になります。

「別れ」の感情的な余波について、科学的にはどんなことが言えるでしょうか。じつは、科学でも「別れ」は重要なテーマ。近年もいくつもの研究がおこなわれているのです。

海外で発表された研究結果を参考に、「別れ」に関するゆるぎない6つの事実を見てみましょう。

1:離婚の予兆は無意識に表れている

1_shutterstock_326166503

破局には、前もって「サイン」が出ているもの。これは科学的にも証明されています。

2010年の研究で、222人の有志を対象に、パートナーの名前とそれに関連する言葉を2つ挙げてもらう、という実験が行われました。

挙げてもらった言葉がポジティブな意味を持っていると思えば「ポジティブ」のボタンを、ネガティブな意味を含んでいると思えば「ネガティブ」のボタンを押してもらったのです。

実験の結果、パートナーにネガティブな感情を持つ人ほど「ネガティブ」ボタンを押すまでのスピードが速いことが分かりました。表面上はネガティブな感情を抑えていた人にも、これは当てはまりました。

研究者らは「破局のもっとも早いサインは、無意識のうちに態度に現れる」と結論しています。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます

やせる・美肌・若返る♪ 注目キレイ術

     

人気記事ランキング

ハピママ* Twitterをフォローしてね

50ママ 総合ニュース&コラム

50赤ちゃん・妊婦ニュース

50子育て・教育ニュース

ソーシャルアカウント