竜星涼「新しいヒーローを作れた」 『Bros.マックスマン』トークショー

2016.8.16 17:10配信
 (左から)青木玄徳、久保田悠来、竜星涼、内田理央、鬼越トマホーク(坂井良多、金野博和)

 映画『Bros.マックスマン』のスペシャルトークショーが16日、東京都内で行われ、出演者の竜星涼、内田理央、久保田悠来、青木玄徳、鬼越トマホーク(坂井良多、金野博和)が出席した。

 本作は、ある日突然謎の力を得て悪と戦うことになったアナウンサーの谷口正義(千葉雄大)の活躍を描いた映画『Mr.マックスマン』の続編。正義の弟・英雄(竜星)が留学から帰国し、テレビ局の新人ADとして働きながらブラザーマックスマンとなって戦う姿を描く。

 完成した作品について竜星は「すごいうれしいと思います。僕は『獣電戦隊キョウリュウジャー』というヒーローをやっていたので、また新しいヒーローを作れたのではないかと思います」と語った。

 前作から引き続きヒロインを演じた内田も「私は『仮面ライダードライブ』」と、同じくヒーローものに出演していた共通点に声を弾ませ、「前作よりもアナウンサーとして昇格していたので、そこは誇らしかったです。メーンアナウンサーになっていました」と笑顔で報告した。

 さらに久保田が「出世街道まっしぐらで、プロデューサーまで上がったので次回は局長まで。最終的にはフィクサーみたいな裏に回ろうと思っています」と続けると、青木も「僕はADからディレクターになりました」とそれぞれが劇中での出世を喜んだ。

 また、作品の見どころでは久保田のアドリブが挙がり、青木が「いっぱいあります」と振り返ると、竜星も「簡単に言いますと、シーンの語尾はすべてアドリブです。よく分からないところで『ルルルル』って言ったり」など久保田のユニークな暴走ぶりを報告。司会者が「皆さん的には迷惑?」と問い掛けると、青木は「いや、全然。やってほしいなと」と歓迎していた。

 最後に内田が「普段皆さんが出ている特撮とはちょっと違う部分があって。変身のシーンでは愛の叫びみたいなのがあったり、竜星くんが臭さを感じるシーンがあるので、そこが見どころだと思います」と一風変わったポイントを挙げ、司会者から「そこが見どころなんですか?」と驚かれていた。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング